パソコン・スマホ 一覧

スポンサーリンク

ワードプレスのカスタマイズは大変

こんにちは。WebデザイナーのMK.Feedです。
子供が小さいため、今は派遣でパートタイマーとしてお仕事をする機会が多いのです
が、Webデザイナー案件でここ数年多いのが、ワードプレスで作成した自社サイトの
カスタマイズです。
私はコーディングやデザインの経験は豊富な方ですが、ワードプレスの方は乏しいた
め、基本的にワードプレス案件についてはお断りしているのですが、事前のヒアリン
グや面談の際にワードプレス案件であることを知らされず、分からない状態で何とか
対応したことが何回かあります。実は担当者達もよく分かっていなくて、コーディン
グの経験がある人を呼べば何とかなるし、簡単に出来るはずだと信じていたようで
す。
ワードプレスはCSMツールの一種で、無料で簡単に始められる上、豊富なデザインの
テンプレート(しかも、オシャレなデザインのものが多い)が用意されており、一か
らホームページを作成する手間が省け、サイト作成に詳しくない人でも簡単に記事の
更新が出来るという利点があります。
また、プラグインを使えば、複雑な処理もボタン一つで出来たりしますし、記事の
アップなどの運用も簡単なので、今では多くの企業が利用しています。
ただし、テンプレートに沿ったデザインでサイトを作成したはいいものの、商用目的
のサイトの場合、日々、サービス内容に合わせてホームページの内容を更新していく
内にどうしてもレイアウトを変更したり、新しい機能を追加したくなります。
いわゆるカスタマイズですが、こういったときにそのサイトを作成した時のメンバー
がいればすぐに対応してもらえますが、当時の担当者が退職していたりして仕事を依
頼することが出来ない場合、どこかからWebデザイナーやコーダーの経験がある人材
を呼べばすぐに出来るかというと、そうとは限らないところがネックです。
まず、ワードプレスには複数のPHPファイルから構成される独自の仕様があるため、
テンプレートを改修してレイアウト変更などの改修を行う場合、このサイトのページ
のこの部分がどのPHPファイルで作成されたものかを理解する必要があります。
また、PHPのコードの書き換えについても、PHPに詳しくないデザイナーにとっては
ハードルが高くなります。
したがって、作業を依頼した人からすると、簡単に作成出来たサイトなのに、改修す
る時は、どうしてこんなに時間がかかるのだろうと思うことがあるかもしれません。
個人的にはワードプレスで作るサイトはランディングページやブログのように、ペー
ジが少なくてテキスト更新くらいしか変更がないものに限定した方がいいと思うので
すが、制作会社に依頼するのはハードルが高いという会社も多いと思います。
そこで、ワードプレスでサイトを立ち上げる際は、新規作成の時点から作成手順につ
いての手順書を残しておくことをオススメします。
該当するPHPがページのどの部分にあたるかや、使用しているプラグインがサイトの
どの部分に使用されているかの情報だけも良いと思います。
私がカスタマイズを担当した会社では、改修の際に追加したファイルの情報や、これ
をさらに改修する際の手順などを詳しく書いた資料を残していました。
開発の現場では作業手順書を残すことは当たり前のことですが、Webデザイナーには
こういうことをやらない人も結構いると思います。
前任者が去った後に入った現場で、既存サイトを引き継ぐときにいつも実感します。

コンビニのプリンターで苦戦しました

先日、魅力的なデザインのブックカバーをフリーで配布しているサイトを見つけました。
ちょうど単行本サイズのブックカバーを探していたところだったので、好きなデザインのものを2~3種類DLしました。
単行本のカバーにするためにはA3サイズの用紙で印刷する必要があります。
しかし我が家のプリンターはA4サイズまでしか対応していません。
そこでコンビニで印刷することを決めました。

元のサイズがA4で印刷することを想定しているため、A3で印刷するときは拡大する必要があります。
それが後に問題になるのですが、この時は「ああ、拡大すればいいのね」程度にしか感じていませんでした。
手持ちのUSBにブックカバーのデザインを移し、コンビニへ行きました。
コンビニのプリンターは時々操作するので、多少戸惑いましたが順調に進んでいました。
しかしサイズをA3にしたところで疑問を感じたのです。
「これ、A3サイズの用紙で印刷することになるよね。でもデザインもちゃんと拡大されるだろうか」A3の用紙で印刷されても、デザインの大きさがA4のままだったら意味がありません。
その疑問が解決せず、結局最後の最後で印刷をやめてしまいました。

後ろに印刷待ちをしているお客さんがいたことも、やめた理由の一つです。
今度は家で予めA3サイズにデザインを拡大してから挑戦したいと思います。
余談ですがコンビニでカラー印刷しようとすると値段が高いのが気になります。
だけど好きなデザインのカバーが手に入るなら安いかな、とも思うのでした。


事務用コピープリンターのトナー代の節約

実家は小さな酒屋をしています。
コンビニなどにおされてお酒の購入量は減っていますが、立呑み屋が隣りにあるので最近はそっちの方が繁盛しているようです。
昔ながらのレジで母が切り盛りしているんですが、税金の処理などが手作業なのは難しすぎるので、一人経理の人を雇っています。
最近その経理の人に、プリンターのことで相談を受けました。

父と母は紙で見ないとわからないので、用紙もトナーも沢山使って費用がかさんでいるようです。
コピープリンターは業務用で、父の知り合いの事務機器のお店で購入したらしいんですが、トナー代は月に5万円以上。
さすがに薄利多売でやっているお店で5万円の費用は使いすぎです。
せめてトナーだけでも安くしたいと思い、使っている機種のリサイクルトナーカートリッジを使うことにしました

購入した事務機器のお店に聞いてみると純正のトナーしか取り扱っていないとのこと。
仕方ないので、他のお店で調達することにしました。
家の最寄り駅に別の事務機器のお店があり、そこでは使っている機種のリサイクルトナーを置いていることがわかりました。
以降はそこでずっと購入するからと交渉してさらに値引きをしてもらいました。
小さな酒屋といえどもきちんとしたお店ですしね。
担当の人がうちのお店に来たことがあるらしく、そのおかげというのもあったかな笑。

新しい取引先が増えました。
それ以降はリサイクルトナーを使って、月2万円台にまで下がって来ました。
父も母も喜んでいました。
今度は紙の印刷量をさらに減らして何とか1万円台にしたいと思っています。


Microsoft Officeと新しいサービスOffice 365について

Microsoft Officeといえば、Windowsにとって欠かせない必須アイテムとしてのオフィス・アプリケーション・スウィートというイメージが強すぎますが、もともとはMacintosh向けに発売されていたことを知りませんでした。
以後、Windowsが一般的なOSとして主流になってきたことで、Windowsがバージョンアップされるごとに、Office自体もWindowsに対応して、マイナーチェンジされてバージョンアップされています。

Officeには、ワープロソフトであるWord,表計算ソフトであるExcel,電子メールクライアントなどの機能を備えた個人情報管理ソフトであるOutlookなどがパッケージ版になっているのがPersonal Editionで一般のパソコンに搭載されています。さらに、プレゼンテーション用のPowerPoint,メモ管理ツールのOneNoteが追加されたHome & Businessのパッケージ版も発売されています。
今やOfficeは、パソコンには絶対無くてはならない必修ソフトで、勉強から仕事まで幅広い用途を持ち、プライベートから学校、ビジネスまで幅広い場面で用いられています。

しかし、同じOfficeを長く使い続けると、サポート終了になれば、セキュリティー面での心配が出てきます。
かと言って、新たに最新Officeを導入するようになると、価格的にちょっと高いという理由で、買い渋ってしまうことがあります。
この場合には、通常のパッケージ版より安いアップグレード版をお勧めしたいと思いますが、アップグレード版は2013まで存在していましたが、2016からはアップグレード版が出ていないみたいです。

これに代って、Office 365という毎月の利用料金を支払うことでOfficeが使用できるサービスが始められました。
いつでも最新バージョンのOfficeが使用可能で、バージョンアップの際も、自動的に使用できるようになり、12ヶ月まとめての年次契約で10,800円(1ヶ月あたり900円)になります。
これに比べ、Word,Excel,PowerPoint,Outlook,OneNoteのパッケージ版が利用できるOffice 2016 Home & Businessの価格はMicrosoftホームページで37,584円です。

Office 365の料金がOffice 2016 Home & Business価格を上回るのが利用から3年6ヵ月目(通算して37,800円)になりますが、この時期になりますと、おそらく既にOffice自体がバージョンアップされてくる可能性があります。この場合も、今までの料金プランのままでよろしいので、バージョンアップ毎に新たに追加費用を支払う必要はありません。

ビジネス関連において、Officeをずっと導入するなら、いちいちバージョンアップでパッケージ版を買うより、いっそOffice 365を導入および契約することによって、ずっとお得に使えますので、ビジネスは勿論、幅広い場面でOffice一筋にやっていきたいのなら、Office 365をお勧めしたいと思います。


パソコンソフトの買い取り時の注意点について

家庭用ゲームソフトの買い取りはブックオフ、ゲオを筆頭に大体どこの町にも一つはある物です。
ではパソコンソフトの買い取りはどうでしょうか。
買い取りはパソコンゲームソフトにほぼ限定されて、しかも少ないと思います物です。
都市部ならば秋葉原等の昔ながらの電気街を中心に存在するでしょう。 しかし地方では聞いた事すらないのが実情だと思います。
昔と比べればパソコンが一般家庭に普及したとはいえ、中古パソコンソフトのニーズはそんなに多くありません。
これは本体へのインストールが前提で動作するパソコンと、ゲーム機への一時的な挿入に過ぎない家庭用の決定的な差です。
前者は本体へのインストール後はソフト本体が必要なくなる事が多く中古へと流れる事がありましたが、近年以降はソフトウェアのアクティベーションによってこの手が使えなり手放す機会が減りました。 これは1本当たりの単価の高いビジネスソフトにおいて顕著です。
またバージョンアップ時に旧バージョンからのアップグレードならば費用が削減できる為、古いソフトでも手放す機会は更に減少しています。
更に言うなら店頭でゲームソフトは買取しても、ビジネスソフトの買い取りを実施しているところは国内でも数えるぐらいしかないのが実情なのです。
これらの理由によりビジネスソフトの買い取り時は郵送買い取りが基本となります。
ただし買取してくれるからといって無暗に郵送するのは禁物です。

ゲームならばある程度の範囲はカバーしてくれますが、ビジネスアプリはOS、画像処理、3DCAD、開発言語くらいしかニーズがありません。
理由はこれら以外は元の値が低く、買い取って売っても利益に成り難く中古でのニーズが低い為です。
裏を返せば元値が高額なソフトはその価格故に他所でも導入がネックとなっている事が多く、中古で安い費用で入手できる可能性があるなら欲しいと考える人間がおり、需要有りとみるべきです。

ビジネスソフトはただでさえニーズがニッチな為、買い取ってでも欲しいソフトは少数だという事ですね。
またゲームソフトの場合は店頭買い取りがある物の、家庭用機やブルーレイソフトと比較してパッケージが大きく持ち込み時は多く運べない事があります。
店頭で査定後そのまま換金というメリットがある物の、リュックサックに5~6本も入れればほぼ満杯という事も多く、移動時は積載量に注意しましょう。
ゲームソフトでも郵送買い取りは有効な手段ですが、梱包する段ボールのサイズによっては余り入らなかったり隙間ができやすく移動時には損するリスクが伴います。

大きめの段ボールで隙間に梱包材や新聞紙を詰める事をお勧めします。
郵送での買取は多くのソフトを詰めて依頼できる分査定には長い時間がかかります。
量にもよりますが1週間程度は見越しておきましょう。
換金の即時性が重要ならば、高めの物だけ店頭買い取りという手も考慮しましょう。
散々待たされた挙句雀の涙の査定額ではあまりにも悲しすぎますからね。
いかがでしょうか、パソコンソフトは買い取りはある物の家庭用ゲームソフト程手軽にはいきません。 売却時の行動とニーズを見据えてより良い取引になればと思います。


ブログもツイッターも良いけどホームページ制作も

ブログというのは運営する会社が幾つもあって、それぞれブログ制作のためのフォーマットの種類をいろいろ用意しています。ブログ制作では、ただ文章を書き込み、写真を挿入などするだけで良いということになりますので比較的かんたんです。
ブログにはホームページと同じようにリンク集と取り付けることができますし、ホームページに使うことのできるツールも、ブログでも同様に使うことが出来ます。

サポートが万全になっているブログほど使い勝手が良いことになります。ホームページ制作はちょっとむずかしいそうだし、煩わしいことはいやだと考えているなら、とりあえずブログを始めようということで良いと思います。
そしてブログのような長文ですら煩わしいというのならツイッターです。ツイッターは登録すればたった一言のつぶやきから始められますし、パソコンからでも携帯からでもつぶやくことができます。まさにめんどくさがりのための簡略日記ツールです。
そんなブログやツイッターでは物足りないというなら、やはりホームページ制作をしてみるべきです。専用ソフトは無料のものがありますし、ホームページにはホームページならではの使い方があります。

昔はホームページ制作にはhtmlタグ記入していかなければいけませんでしたが、いまは標準的なサイトを作成するなら、難しいことは全くありません。
作り方を覚えてしまえば、どんなデザインにすることも自由自在であるということです。絵を描くことができるならば、バナーを作ったりロゴを作ったりしてホームページを飾り付けることができます。表を用いて全体を区画することで、ブログにはできない複雑な見た目にすることもできます。
ブログは基本的に縦スクロールなのですが、ホームページだと横にも伸ばすことが出来ますし、特殊なタグによって複雑な機能を持たせることもできます。

なにしろ自由度の高さを求めるなら、ホームページのほうを選ぶべきですので、無料の制作ソフトから試して見たらと思います。


スポンサーリンク