小規模事業者持続化補助金について知ろう!

・小規模事業者持続化補助金は何か?
小規模事業者持続化補助金は、持続的な経営を目指す事業者を応援する補助金で、小
規模事業者などを対象としています。小規模事業者持続化補助金は50万円を上限とし
て小規模事業者等の販路開拓や販売促進の取り組みを支援しています。この補助金は
業務効率化や生産性向上もサポートし、補助金を申し込む時点で既に創業している従
業員の人数が少ない事業社が申し込めます。
この補助金に申し込む時には、最寄りの商工会議所か商工会の相談員から助言やサ
ポートを受け、経営計画を作成する必要があるとされています。そして、こうしたこ
とをきちんと行ったということを示すための印鑑を申込書類に押印してもらった書類
を提出します。

・具体的な補助金額について
補助金額については、補助率が定められており、経費の3分の2までの50万円以内とさ
れています。例えば、経費が60万円だった場合は、補助金は60万円の3分の2の40万円
となります。そして、この金額は50万円以内になっているため、全額を受けることが
できます。けれども経費が120万円かかった場合でも、その3分の2は80万円となりま
すが、補助金額は50万円までとなりますので、受けられるのは50万円までとされま
す。

・どんな費用が対象になるのか
この補助金は小規模事業者が事業を維持継続させるために作られた補助金で、事業を
維持継続するというのは、安定的な利益が得られるということになります。このこと
は、新規の顧客を安定的に得ることでもあり、補助対象経費は大きく2つといわれて
います。まず、既存の商品やサービスを新規の顧客に購入してもらうための活動に対
する経費です。そして、新商品や新サービス開発を行って新規顧客に購入してもらう
ための販路開拓の経費です。

・注意すべき点がある
小規模事業者持続化補助金を受け取ることができれば、小規模事業者にとってとても
有利なことといえますが、同時に注意点があり、補助金は後払いであるということと
その対象は1年目のみであるということを知っておく必要があります。

・まとめ
小規模事業者持続化補助金はスタッフ数が少ない事業者などを対象として、持続的な
経営をサポートするために設けられた補助金になります。申し込む際には、商工会議
所のスタッフに相談する必要などがあり、決められている申込み方法に従って手続き
を進めていきましょう。また、注意点などもありますので事前に確認しておきましょ
う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。