スポンサーリンク

毎年悩ましい、父の日のプレゼント

毎年悩ましい、父の日。
プレゼントを何にするか・・・一ヶ月ほど前から、いろいろ考えるのですが、なかなかコレ!というものが思い浮かびません。
実父と義父、二人分考えなければならないのですが、「今年もなにかプレゼントしたいのだけど」と訊いてみたところで、「気を遣わないで。何もいらないから」が毎年の返答。まあ、そう言うでしょうね・・・。最近は、もう、何も聞かずに当日宅配便で贈っています。
父の日。本来、父親に日頃の感謝の気持ちを伝える日だと思うのですが、私にとっては・・・おそらく多くの女性にとっては、プレゼントに悩まされる日、になるのではないでしょうか。

実父も義父も、わりと多趣味なので、趣味に関するものを贈ればいいと思うのですが、これはこれで難しい。
実父は絵画が趣味。子供の頃は、スケッチブックをプレゼントしたり、社会人になって収入ができてからは額縁をプレゼントしたりしていましたが、好みもあるだろうし、喜んでもらえていたのかどうか・・・。
義父はカラオケとグランドゴルフが趣味。でもそれらに関係するどんなものがプレゼントとしてふさわしいのか、思いつきません。

父の日以外にも、それぞれお誕生日にもプレゼントはしています。
実父には孫からの手紙と絵、それから、私の嫁ぎ先の地元の銘菓。
義父には、去年は靴下。その前の年はお風呂グッズ。それに孫たちからのメッセージ。
二人ともお金に困っているわけではないから、物よりも、「孫たちからシリーズ」が喜ばれるのはわかっているのですが・・・。
父の日は孫ではなく、私と主人からのプレゼントとなるので、毎年簡単なメッセージは添えるものの、似顔絵を描いてプレゼントというわけにはいきません。
義父にまた物をプレゼントしたら、次に巡ってくるお誕生日がネタ切れになりそうで、ためらいます。靴下だってお風呂グッズだって、大したものではないのに、それでもかなり悩んでひねり出したプレゼントですから。

結局、毎年父の日は、食べ物になることが多いです。でも食べ物もまた難しいんですよね。確実に喜んでもらえて、間違いなく美味しく食べられるもの。
これまで、メロンを贈ったり。干物セットを贈ったり。ブランド豚のお肉セットを贈ったり。さぬきうどんを贈ったり。父の日というか、まるでちょっと早いお中元?と思うような内容が多かったかもしれません。お礼の電話は来るけれど、本当に喜んでくれているのかどうか・・・。贈りたい、喜んでもらいたい、という気持ちは本物なのですが、なかなか難しいものです。

さて、今年ですが・・・両方の父ともに、うなぎを贈ることにしました。実は去年も贈って、これは本当に好評だったようなので。本人からだけではなく、母からも喜びの声が届いたので、間違いないと思います。うなぎは何年か前から、値段が跳ね上がってしまって、なかなか気軽に買えるものではなくなってしまいました。好物だけど、自分ではそうそう買わないもの・・・。我ながら、良い贈り物ができたかなと思っています。というわけで、とりあえず今年もうなぎで。
さて、三年目も同じ、というのはアリでしょうか?
来年はまた悩みそうです。
white_day_present


建設機械をレンタルする「メリット」と「デメリット」とは

地震国日本といわれるほど地震が多い我が国は、地震や台風、大雨などの災害が多くあります。そのような震災がある度に悲しみにくれます。また、その土地の人が復興へと導くために年月や莫大な費用が必要となります。
建設機械は復興するために働く機械と言っても過言ではありません。子どものときから知っているようなブルドーザーやショベルなど、黄色い働く車のイメージがあります。現在では明るいブルーやオレンジなど、緑の中でも目立つ色になっています。

建設機械は、とても高額になるために全てが買い取りという形ではなく、レンタルという方法があります。そのレンタルをすることで、どのようなメリットやデメリットをするのでしょうか?

まずメリットとしては、自社で建機を持つことで必要なときにいつでも利用ができます。工事は天候などに左右されますし予定通りにはいかないことも多いとされています。自社で所持している建機であれば心配はない訳です。工事などが近い場所である訳ではなく、北海道の会社が沖縄の仕事をするなど輸送費などもかかわってきます。自社で建機を持つ方が良いのか、レンタルをする方が特なのよく吟味する必要がありそうです。そして所持ができることは、会社のイメージアップにつながります。

では、デメリットとしては、どうでしょうか?レンタルをすることは、建機を保有していないことにより会社の規模が問われることになります。新車に限らず中古を購入するにしても多額の資金が必要ですし、保管する場所やメンテナンス管理が必衰です。

建機を置く場所がない場合は、現場までの輸送費なども頭に入れておかなければいけません。建機は種類にもよりますが、しっかりとメンテナンスさえすれば長く利用することも可能だと言われています。メーカーが指示する使い方やメンテナンスをしていると何十年も利用ができるのです。建機を所持したり扱う企業は、メリットとデメリットをしっかりと理解してレンタル建設機械を検討しましょう


高級車に乗る機会があれば必ず乗ってください。世界観が変わります。

今まで8台の車を乗り継いできましたが、手を出したことのないジャンルの車がありました。俗に言う高級車というジャンルです。
金額が高いのもありますが、中古で安くなった車は、ガラの悪い人が乗ってたりするので、自分が乗る車ではないのかもと考えていました。
ところが、会社の同僚が中古車ですが、国産最高峰の高級車を購入したのです。
レクサスの最上級車「LS」。しかも上級グレードの「LS600h」。
5リッターのV8エンジンにハイブリッドを組み合わせた、現実離れした高級車です。

私がクルマ好きということもあり、同僚が車を買う際、アドバイスを求められました。
セダンに乗りたいと言っていたので、無難にトヨタのクラウンなどの国産セダンと、メルセデスやBMWなど、外車も含めて参考になる話しをたくさんしました。
そしてある時、中古車情報を見ていると、レクサスに行き付きました。
新車時から見ると金額が3分の1くらいになっていました。
しかし、サラリーマンが乗るには浮世離れした車です。
新車から見ると安くなっているとはいえ、300万円を超えます。
だが、同僚はとても気に入り、見積もりをお願いしました。
私も手伝い、複数の中古車会社に連絡を取り、車の状態や見積もりをしました。
そして、ついに同僚は一つのLS600hに決め、購入しました。

そして、納車。
納車の翌日、私は同僚と一緒にドライブをしました。
最初は助手席に乗せてもらいました。
外観は間違いなく高級車です。
内装も今まで触れたことのない仕立ての良い革シート。
細部まで手の込んだ作り。走行中も静かな車内。助手席でも満足度は高いものの、基本的に車酔いをする体質なので、人の運転する車に乗るのは苦手です。
ただ興奮しているのもあり、車酔いはしませんでした。
そして、ついに私に運転させてくれることになりました。
車のサイズは世界レベルで、全長は5mを超えます。幅も広いです。
でも、運転して驚いたのですが、とても初めて乗るとは思えないほど車の感覚がつかみやすいのです。
乗り始めから、長年乗ってる自分の車のように乗りやすいのです。
そして、有り余るパワーのおかげで2トンを超える車重も全く感じません。
高速道路や一般道を運転させてもらいましたが、とても快適でした。

そして、私の車に対する世界観が変わった出来事を経験します。
人の運転では車酔いする私。助手席ならまだ前方が見えるのでマシですが、後部座席に座ると、すぐに車酔いしてしまいます。

しかし、この「LS600h」の足回りはエアサスで、硬さを変更することができるようになっています。
ノーマルの他に、スポーツとコンフォートのモードがあります。
スポーツにすると、明らかに硬くなり乗り心地は悪くなりますが、山道などで走りやすくなります。
そして、私が後部座席でも車酔いしなかったのはコンフォートモードです。
目を閉じると、車がどのような道を走っているかわからないほど、揺れなどが感じ取れません。
目を開けて前方を見ると、山道を登りながらカーブしているのに、体はフラットなままでした。
簡単にいうと停車中の後部座席では車酔いしないのと同じ状態を走行中でも実現しているのです。
30分ほど、後部座席に乗せてもらいましたが、全く車酔いしませんでした。
車もこのクラスまでいくと、こんなことができることを知りました。

次に車を買い換えるときは、今まで発想もしていなかった高級車が欲しいと考えています。
一度も高級車に乗ったことの無い人は、機会があれば絶対乗ってみたほうが良いと思います。本当に世界観が変わります。
car_suv


事故車アクアの修理経験

数年前、事故車オークションを主催する会社から仕事をもらった時の事です。
事故車にもニ-ズがあるとの事でお受けしてできる範囲で修理しました。
※自営業で中古車屋をしています。
フロント廻りに大事故歴があったんですが、構成部品を外していってびっくり。。。
よくある事ではあるんですが左右の寸法が全く合っていない。
よくよくみてみるとフロントのキャスタ-角も狂っていました。
当然、まっすぐ走りません、、、
また、フロントワイパ-を動かすと何か引っかかりがありました。
周辺パ-ツを外してみました、
ワイパ-モ-タ-を固定しているフレ-ムが事故の影響で歪んで、ワイパ-が正しい位置で取り付けられていませんでした。
その影響か、フロントガラス取り付け位置もずれていました。
※雨漏りがする為、最終的にフロンントガラスを取り外してガラスフレ-ム付近を板金修理しました。

今度フロントの足廻りを点検しました。
取り付けられているはずの場所とフロントサスペンションメンバ-の位置が全く合っておらず、本来3本あるはずのメインボルトが1本のみで仮止めされています。
事故の大きさが分かりますね。
このままでは修理ができないのでまずはフレ-ム修正しました。
左右のストラットタワ-からインサイドパネルの左右対称の目印までの距離を測定し、左右対称になるように寸法を修正しました。
そこまでできてやっとフロントサスペンションメンバ-の交換です。
修正はしたものの、完全には歪んだボディ-は直らないので組み付けにかなり苦労しました。その次にやっとロアア-ムやサスペンションを元に戻して行きます。
しかし、やはり歪んでいるのでかなり苦労しました。。。

そこまで出来て試運転。
完璧とは言えませんが、安全に走行できる範囲までは修理する事ができました。
キャスタ-角が完璧には修理不可能な程狂っていましたので、若干の引きずり抵抗が残っていましたが…
そして…

ここまできてやっと板金塗装です。
ここまでの大事故車なので、当然外観はボロボロです。
ほぼ全塗装でした。
ボディ-の各部にクリアランスができてしまいましたが、もはや仕方ありませんね、、、

こうやって事故車の修理が完成し、無事納品する事ができました。
ですが、事故をするとこれだけ不具合が起きます。
事故に気を付け、安全運転に心がけましょう!


夏休みの自由研究の制作を親子で頑張っています

我が家の小学一年生の娘は、只今夏休み期間中です。
小学生になって初めての夏休みを満喫中の娘ですが、長い夏休みもそろそろ残りわずかです。そこで気になってくるのが宿題の進行具合です。
娘は夏休み前半に私が口を酸っぱくして言ったので、計算ドリルや国語の書き取り等は済ませましたが、コツコツやらなくてはいけない音読や、図工の絵と自由研究は困った事にほとんど手付かずのままなのです。

先日もこのままでは始業式に間に合わないし、お母さんは宿題のお手伝いをしないよとちょっと脅し気味に言いましたが、娘の方はまだ大丈夫と言って、全く危機感を持ってくれませんでした。
娘の夏休みの宿題で一番時間がかかり、一筋縄ではいかないのが自由研究です。
一年生は約10日間ほどかけてじっくりと取り組めるような課題を自由研究として選び、完成したものを始業式に持ってくると言う事になっています。
夏休み前に自由研究についての計画表を提出したのですが、学校側からお父さんやお母さんと一緒にテーマを決めて下さいと言う事で、娘と相談した結果、ドールハウスを制作すると言う事にしました。

ドールハウスは猫好きな娘らしくテーマを猫カフェにする事に決定し、猫は紙粘土で制作して絵具やニスを使って仕上げる事にしました。
夏休み前の保護者会での話では、自由研究は一年生と言う事もあり大人の人の手助けが必要となる事もありますのでご協力お願いしますとの事でした。
やっぱり保護者の頑張りが影響してくるのかと思いながら、ややプレッシャーを感じています。

先日は娘と一緒に百均のセリアに行き、自由研究の材料に使えそうなものを探しに行きました。
まずはドールハウスに使用する箱をどうするか迷いました。
家にある段ボール箱や空き箱を利用しても良かったのですが、ちょっとチープな感じになってしまいそうでしたし、せっかく制作するなら飾って置ける様にしたいなと思ったので、娘と相談した結果長方形の木箱を二つ重ねて作る事にしました。
セリアの木材インテリアのコーナーに丁度良い大きさのものがあったので二つ選び、ハウスの内側に貼る可愛い布を娘が選びました。

そして肝心の猫人形を作る紙粘土とニスを購入して、猫カフェのお庭に飾るフェイクグリーンを選びました。
材料が揃ってくると何となくイメージがわいてきて、娘も断然ヤル気になってきました。
昨日はどんな猫を作るか娘と相談し、我が家の猫を観察したり猫雑誌を見ながら猫のイラストを描いてみました。
三毛猫や黒猫、我が家の猫の様にモフモフの長毛猫等、娘が作りたい猫のアイデアは尽きません。

そして本日、やっと猫の人形制作に取り掛かりました。
粘土をこねて猫の形を作っていくのですが、形や大きさが揃わずなかなか上手くいきません。その内紙粘土も乾いて固くなってしまうので焦りだし二人で四苦八苦しました。
大きさと形が良くて娘が気に入った猫をよくかわかして、翌日に絵具で色を塗りニスでコーティングする予定です。

紙粘土が乾くまでの間、猫カフェの内装やインテリアに手を付ける事にしました。
カフェの壁紙はセリアで購入した花柄の布をはり、娘がビーズやスパンコールをボンドで貼って可愛く仕上げました。
猫の遊び場であるキャットタワーやおもちゃは紙粘土で形を作り、猫ベッドやクッションは木材の切れ端と布や綿を使い、出来るだけ本物っぽくなる様に作りました。

娘は小さい頃から猫が大好きと言う事もありとても楽しんで作っているので、自由研究の課題を猫カフェにして良かったなと思っています。
完成まで後3~4日はかかりそうですが、親子で楽しみながらコツコツと制作していけたら良いなと思っています。
夏休み終了まであと少しですが、自由研究が夏休みの良い思い出になる様に私もお手伝いしていきたいと思います。
224251s


一戸建てのマイホームを購入して

今年マイホームを購入しました。一戸建てです。
工務店さんのすすめで一年を通じて冷暖房費を節約出来る、遮熱塗料も塗りました

将来マイホームを購入するなら絶対に一戸建て!と思ってはいたものの、ここまでの道のりは決して平坦ではなかったな(大げさですが)と思っています。

そもそも、主人がマイホーム購入に難色を示していました。一生賃貸のほうが絶対いい、という意見の持ち主だったのです。

賃貸と比べて、マンションであろうが一戸建てであろうがマイホームであれば固定資産税がかかる。また、マンションなら修繕費を積み立てなければいけないし、一戸建てでもある程度の年数住んでいれば修繕が必要になってくる。最終的には絶対に賃貸のほうが生涯支出は少なくて住むはず!
と譲りませんでした。さらに、子供がいるうちは3LDKなどある程度大きな家に住まないといけないが、子供達が独立したらそれなりの大きさのところに引っ越すことで家賃も抑えることができるじゃないか、と。

さらに、賃貸のほうが何かあったらすぐ引っ越せるから絶対にいい!とのことでした。もしご近所トラブルが起きても賃貸なら引越しすれば解決する、でもマイホームを購入してしまってはそうはいかない!とのことでした。確かにその点に関しては反論できない面もありましたが、でもマイホームでも最悪の場合は賃貸にするとか売却するという手もあるので、対応できないわけではない、と言いました。

結局、なんとか私が説得を続け、また立地的にもとてもいい土地を見つけたことで一戸建て購入ということになりました。今まで色々ありましたが、結果的には主人も満足しているようです。やはりマイホームを購入したことで、「自分の家を手に入れた」という満足感というのがものすごく大きいようです。

それは私も同じで、やはり賃貸に住んでいるときはあくまで借りているだけで自分の家ではない、という感覚が大きかったのですが、マイホームに住むようになったことで「自分の家だ」という気持ちが大きく、精神的にすごく満たされた気分になっています。もちろんローン支払いはありますが、この家のためなら頑張ろう、という気持ちになれます。


コーヒーをやめてみて思ったこと

私は、昔から大のコーヒー好き。
子どもの頃、両親がおいしそうにコーヒーを飲んでいるのが羨ましくて、ある日私も飲んでみたい!とミルクたっぷりのコーヒーを作ってもらったことがありました。
とても甘くて、ほんのり苦みのある大人の味。

それ以来コーヒーが大好きになり、大人になってからは毎日必ず3杯ほどは飲んでいました。コーヒーを飲むということは、3食ごはんを食べるのと同じぐらい私には長年の毎日の習慣となっていて、それほど意識もしていませんでした。

しかし、30代に突入すると、あちこちに身体の不調を感じるようになりました。
特に冷えがひどくて、夏でも靴下がないと過ごせないほどになっていました。
お腹を触ってみたらひんやり冷たいことが多く、そのせいか、よくお腹を壊していました。
少しでも冷え性が改善されればと思い、ストレッチをしたり鍼に通ったりもしましたが、一向に良くなる気配はありませんでした。
自分なりに冷え性について色々調べていくうちに、カフェインには身体を冷やす作用があることを知りました。
そのとき、私の冷え性の原因は、正にこれだ!と思ったのです。

毎日、10年以上もコーヒーを飲んでいることで、知らず知らずのうちに自分の身体を冷やしていたのかもしれません。
それから、コーヒーをやめようと決心しました。
初めの数日は本当に辛くて、一杯ぐらいいいかな・・・と何度も思ってしまいましたが、それでも、体質改善のためだと固く心に誓って、代わりに豆乳や麦茶を飲んで気を紛らせていました。

友人に誘われてランチに行ったときも、食後の飲み物はコーヒー!と言いたいところを、オレンジジュースで我慢したり、気づけば飲まなくなって半年が経っていました。
そして、ふと気が付くと、前まで靴下を履かないと寒くて眠れなかったのがウソのように、履かなくても全く寒さを感じなくなっていたのです!
家の中では素足でも平気になり、お腹を壊すこともなくなりました。
こんなにちょっとしたことで自分の体質が変わることに、自分でも驚きでした。
毎日、何をするか、何を食べるか。
小さなことの積み重ねが、少しずつ人を変えていくことを実感できました。
cafe_siphon


美術館を訪れると、いつものんびりと鑑賞しちゃいます

静かな場所が好きで、美術館をよく訪れるのですが、私は人より、鑑賞ペースが遅いとよく言われます。
故に、誰かと行くより、一人で気ままに鑑賞する方がマイペースで回れるので好きです。

鑑賞ペースが遅くなる原因はなんとなくわかっています。
ガイドラインを聞きながら、じっくり作品を眺めて回っているからです。
ガイドラインで言われてることが自分なりに納得できなければ、その作品の前にいつまでも留まり、ガイドラインの説明と自分の思考が合致したら、安心してその場を離れます。
絵画を見る為にお金を払っているので、自分が心ゆくまで見たいのです。

たまに有名な絵画がきた時だけ、美術館を訪れる方もいます。
私も有名な絵画は見たいのですが、ゆっくり鑑賞したいので、人が空いた頃に行きます。
だいたい閉館の一時間前が穴場タイムなので、少し慌ただしくはなりますが、ゆっくり見たい絵画がある時は、遅めの時間から美術館を訪れるようにしています。

若手の画家さんの作品を見るのも好きです。
まだ有名になっていなくても、鬼才を持っている画家さんはたくさんいるのです。
発展途上の絵画は見てるだけでワクワクします。
ピカソ然とした絵画なら尚更です。

和風の絵画も好きです。
絵画の起源とも言えそうな水墨画の世界を覗いて、一気に魅せられました。
淡墨だけで描かれたモノトーンの絵画は、それだけで個性を感じさせてくれます。
墨だけでも水の量であんなにも深い絵画になるんですね。


現実には絶対無理だと思っていること

お気に入りのオンラインゲームで、夏になると恒例なのが「お化け屋敷探検」です。
お化け屋敷というといろんな「テーマ」がありますが、このゲームで怖いのは幽霊ではなくてゾンビです。
廃墟になった病院や学校を探検して隠された宝物などを探し当てるのですが、途中でゾンビに襲われることのないようにしないといけません。

お化け屋敷は興味がありますしみんなでワイワイ言いながら体験したり観たりするのは楽しいと思います。
一人でお化け屋敷に入るとかホラー映画を観るのは絶対に無理です。
たぶん途中で絶対に背後を確認したりするのに忙しくて何が起こっているのか全くわからなくなるに決まっているからです。

実際現実になると、例え大人数でいても誰かが「キャー」なんて悲鳴をあげたら当然私もパニックになります。
でもゲームは別です。
幸いこのゲームは実写タイプではなく、アニメーションなのでゾンビが出てきてもものすごく怖いということはありません。
だから遊んでいる間に自分の背後を確認するのに忙しくなるということもないのです。

機嫌よく遊んでいると、夫から「またそんな怖いもので遊んでいる。」と笑われてしまいました。
怖がりのクセに怖いものを見たくなるタイプの私は、夜中に目が覚めて「怖いこと」を思い出して眠れなくなることもあるのです。

時々、「ひとりでゾンビでいっぱいのビルに行って宝探しをするなんていうゲームをやっているんなら現実にそういうチャンスがあったら参加するか。」と聞かれます。
もちろんそんなことは絶対にできません。
例えものすごい財宝が隠されているとわかっていても、遠慮したいと思います。

そんな私に夫がひとこと、「まともにゾンビでいっぱいのビルに入っていこうって考えるからダメなんだよ。」と言います。
「明るい昼間にビルを解体するとかして、ゾンビをやっつければいいんだ。」というのです。アドバイスはありがたいですが、そんなことをしたらゲームの意味はありません。

やっぱりお化け屋敷探検はゲームの中だけがいいと思います。


ペットタクシーを初めて利用しました

私は30代前半の主婦です。我が家にはロングコートチワワの4歳の男の子の小太郎が一緒に暮らしているのですが、先日動物病院の送迎にペットタクシーを始めて利用しました。

小太郎の定期健診やワクチン接種には主人の運転で行くことが多いので、ペットタクシーの必要性を感じずに過ごしていたのですが、その日はちょっといつもと違っていました。主人は普段通勤に車を使うので、我が家に平日の日中車はありません。そんな平日の午前中、朝から小太郎の食欲がなく、様子がおかしいなぁと思っていたら、急に吐いてしまい苦しそうな様子。慌てて動物病院に連絡したところ、緊急を要する可能性もあるから、すぐに連れてくるようとのことでした。ところが我が家には車もありませんし、動物病院は10キロ程度離れているため、自転車で小太郎を運べる距離ではありません。そのためインターネットで以前から気になっていたペットタクシーに動物病院までの送迎を依頼することにしたのです。

ホームページに記載のあった連絡先に電話を入れると住所等を聞かれ、すぐに来てくれるとの言葉にホッとした私。30分も待たないうちに我が家の前にペットタクシーがやってきました。普段車の中でケージに入る習慣が小太郎にはないことを運転手さんに告げると、積んであったケージではなく私がリードを付けて抱っこしていればOKとのこと。体調が悪く、その上慣れない車に乗せられた小太郎にとっては親切な心遣いだったと思います。結局診察の結果大したことなく薬を数日分処方されただけで済みホッとした私。その診察の間もペットタクシーの運転手さんはちゃんと待っていてくれて、しっかり私と小太郎を家まで送り届けてくれました。

ここまで迅速かつ丁寧な対応をしてくれてペットタクシーの値段は約5千円と想像以上にリーズナブルに済みました。今後もこのような急な体調不良によって動物病院に行くことがあるかもしれません。その際にはまた同じペットタクシーを利用したいと思います。
169601s


スポンサーリンク