日常 一覧

スポンサーリンク

20年以上ずっと続けてきた音楽活動と今後の活動

私は昔から音楽が好きで、幼稚園~中学生まではピアノを習っていました。
習い始めた時は母に勧められてとか兄がやっていたからじゃあ私も、という軽い動機で始め、習っていた時もそこまで真面目にやっておらずなんとなくで続けていました。
それでもやっぱり音楽は好きで、小学校の音楽の授業は張り切っていましたし、小学校の音楽発表会でピアノパートがあると毎年オーディションを受けていました。

中学校では、こちらも兄がやっていた事もあり吹奏楽部に入りました。
兄の事が大好きだったので、兄が担当していたクラリネットを自分もやりたい…と思いましたが、第3希望で出していた打楽器パート担当になりました。
本当に兄がやっていたからという理由だけで入ったので、吹奏楽がどんなものかほとんどわからなかったのですが、打楽器をやっていく内に打楽器演奏と吹奏楽が大好きになり、「自分が打楽器を、吹奏楽をやりたいから」という理由に変わって行きました。
それをやっていく内に、高校・大学は吹奏楽の強い学校に入りたいと強く思いました。

中学よりも演奏の上手い高校の吹奏楽部に入り、楽器は変わってしまったのですが3年間無事に続けることができました。
やはり上手い強い高校で中学と派全然クオリティも違うし、いろんな出身校の人や技量の違う人が集まり学ぶことも多かったです。
また、言葉遣いやマナー等もしっかり教育する吹奏楽部だったのですが、この点は今社会に出てとても役に立っています。

色々思う事があり、悩みましたが大学では吹奏楽部に入らないことになりました。
ですが、そこから合唱部に入り、新しい音楽生活が始まりました。
歌は元々大好きで、もっと上手くなりたいと思っていたのですが、優しい先輩に丁寧に教えて頂いたおかげで成長する事ができました。
自大学以外の合唱部との交流もたくさんあり、大学卒業後も縁が巡り巡って大阪の合唱団に所属しています。
そしていつの間にか吹奏楽歴よりも合唱歴の方が長くなりました。

他にも大学生以降は、個人の趣味で作曲や編曲もするようになり、動画サイトで投稿やイベント等でCDを出すようにもなりました。高校の頃から短い曲は何曲か作ったり、頭の中だけで作ってみたり、というのはあったのですが、本格的に作って誰かに聴かせるということはほとんど初めての事でした。
それなのに私の手がけたものを聴いてくれた人から感想をもらえ気にって頂ける事も時々あり、それは本当に幸せな瞬間です。
その一つ一つがとても嬉しい物になり、生きる自信になるくらい大変嬉しいです。

これからも自分にしか作れない音楽をたくさん作って、たくさんの人にたくさん聴いて頂きたいな、もし出来るなら、お仕事等で作曲も出来たらいいな、なんて思っています。
いつか私のつくったものでたくさんの人を元気づけることが出来たらいいなと思っています。

それを目指して、まだまだ音楽活動楽しんでいきます。
piano_upright


最近微笑ましく思える子供達の遊び

息子と娘が最近になってらやっと仲良く遊べるようになりました。
前までは何かと喧嘩ばかりしてましたが、仲良くお話ししながら楽しそうに遊ぶ姿はとても微笑ましいです。

今、子供達の中でハマっている遊びが、お家でやる『お家ごっこ』です。
おままごとキッチンを運んで、おもちゃの電子レンジを台の上に置き、折りたたみの椅子で家の壁を作るという簡単なものです。
そのお部屋にはちゃんと小さなテーブルもあり、クッションなども置いて、お人形を何個か並べて家族にしています。

子供達は、お父さんお母さん役でお人形が子供役で楽しそうに遊んでます。
そのお家のそばには、おもちゃのレジを置きままごとのお野菜などが並べてあり、スーパーまで作ってあってなかなかちゃんとした遊びをしています。

息子が「ちょっとお買い物に行ってくるから待っててね」と言いお買い物に出掛けるそぶり。その間娘は、ままごとキッチンでお料理をしつつ、お人形の赤ちゃんのお世話んしています。たまに、「眠たいの?」と話しかけたりもしています。
オムツを替えるフリなど…。
普段の私の真似事なのかなと楽しく見ています。
たまに、そんなことまで言ったりやったりしてるのかなと驚くこともありますよ。
でも、子供は母親のことしっかりと見ていますもんね。
嬉しい反面気をつけなければいけないなと思えてきます。
ちゃんと見本にならなきゃなと思えます。

放っておくと休みの日なんて1人中してることもあります。
もちろんお家の中はおもちゃだらけで悲惨なことになっていますけど。
その時思うのが、片付けも子供達が楽しく嫌になることなく、進んで出来るようにしたいな…なんて思うこともありますね。
楽しくお片付けなんて無理そうですが。
私は、とりあえず褒めまくって片付けさせています。
まずは、種類でおもちゃを分けて、まずはこのおもちゃから始めようと言うと綺麗にやってくれます。
できたら、お利口さんだったね!ありがとうと言うことも忘れません。
そんな感じで少しずつ片付けていけば時間はかかるもののちゃんと指定の場所に綺麗に片付けることができます。

本当はお部屋で遊ぶ子供用テントがあるのでそれをだしてあげるのが一番いいのかなって最近になってきがつきました。
今度はテントを出してみます。
子供達が喜ぶ姿が目に見えてきます。

喧嘩ももちろんしますが、この遊びをしだしてからは本当に仲良くしてくれるようになって助かっています。
340547s


マカロンタワーを作ってみました

20161206f

マカロンタワーとは?何かご存知ですか?
私は結婚のお祝いに友人から手作りのマカロンタワーをもらいました。
見た目も可愛く素敵で、結婚式では受付の所に飾らせてもらいました。
自分自身、その素敵なプレゼントをとても気に入ったので、それ以降、自分の周りで結婚する人がいればコツコツと作ってプレゼントするようになりました。

一番初めにマカロンタワーを作った時にはいろいろ苦労しました。
まず、道具を揃えなければなりません。
なるべくコストを減らしたいという思いもあり、紙粘土は100円ショップで揃えました。
そして、タワーの円錐部分の土台は近所のお店では手に入れることができず、ネットで注文しました。
さぁ、いよいよ作り始めです。
全体的に淡い色にしたかったので、白色の紙粘土に原色の紙粘土を少量ずつ混ぜてこねていき、色が気に入ったら、ホームスーパーで購入したマカロンの型を使って形を作っていきます。
しかし、型にはめたがいいものの、紙粘土がへばりついて出てこない、、、ということで型にラップを敷いてから紙粘土を埋め込むようにしたら成功しました。
調子よく作っていき、次はピケを作りです。
爪楊枝でツンツンすればできるよ!と友人からのアドバイス通りにしようとすると、なんと紙粘土が固くなっていて全然上手くいきませんでした。
型から出したらすぐにピケを作るべきでした。
固くなった紙粘土は水分を含ませてこねて、もう一度やり直しました。
ようやく出来上がったマカロンを乾燥させたあと、グルーガンを使って二つ一組にしていきます。これでぐっとマカロンらしくなりました。

タワーの土台にも紙粘土をまんべんなくくっつけ、そこにマカロンをグルーガンでくっつけていきました。
なかなかマカロンの配置がうまくいかず、隙間が空いてしまいましたがあまり気にせず進めていきました。
ここまでガチガチに乾燥させずに進めてきましたが、ここで初めて時間をおいて紙粘土を固めました。
そして固まったらニスを塗りました。
本当はマカロン一つ一つにニスを塗った方がいいのかもしれませんが、私はここでも節約を意識してしまってます。
完成したマカロンタワーですが、ここからレースやリボンを使ってアレンジです。
マカロンとマカロンの隙間にはチュチュをくっつけたり、タワーの頂点にリボンをつけたり、タワーの下に箱の土台をつけてそこに造花をたくさんつけるととてと華やかになります。

最初は手こずることも多々ありましたが、今ではどんな作業もスムーズに楽しく進められます。また、タワーの円柱も100円ショップのコーンを使用したり、自分なりにアレンジを楽しんでます。
マカロンタワーには子孫繁栄の意味が込められているようです。
プレゼントする度に喜んでくれる友人達。私もその笑顔に幸せを分けてもらってます。


紬のはまって着物の魅力を知る

アンティークの着物を取り扱うお店のオーナーと知り合いになり、着物にはまりました。
最初に購入した着物が琉球紬だったせいもあり、地味だけどおしゃれな紬の魅力に夢中になってしまったのです。
紬というのは江戸時代に贅沢禁止令が出され、高価な絹の着物を着ることが出来なくなった時に、絹なんだけど木綿に見えるように織られた反物です。
世界一緻密な織物と称されるそうです。

普段着の着物として着用されますが、最近ではおしゃれ着としても進化しています。
紬は結婚式や入学式などの式事にはNGですが、同窓会や結婚式の二次会、観劇、ショッピングなど正式な場所以外はどこでもOKなんです。
当初、そんなことも知らずに購入してしまったものだから、結婚式には着られないと聞いてがっかりしました。
どんなに高価でも正式な場には着られないなんで悲しいです。しかし、それが着物のルールなんですよね。

さて、紬でもっとも有名なのは結城紬ではないでしょうか。
奈良時代から続く絹織物で、茨城・栃木県が主な生産地です。
国の重要無形文化財にも指定されていおり、永遠のあこがれの紬です。
次に奄美大島で作られる大島紬です。日本の古典的な幾何学模様をはじめ、伝統的な模様が多く制作されています。
結城と大島は高価でとても手の届かないというイメージが強いですね。だからあこがれてしまうんです。
他にも紬は全国で作られています。米沢や塩沢、上田なども有名です。

紬というのは色合いが地味なので、帯で個性を出すのがおしゃれな着こなしなのです。
着物というのは洋服では絶対に着ることがないような色合いや柄のものも組み合わせでおしゃれになるものです。
年齢に気にしないで楽しめるのも着物の魅力なんです。
また、帯揚げや帯締め、半襟などの小物の色も重要になってきます。
着物の小物は日本古来の色合いのものが多いです。
日本古来の色というのは歌舞伎などで見られるように本当に綺麗な色が多いですよね。
着物を着るようになると色にも興味を持ち、色合わせがうまくなるような気がします。

江戸小紋などつるつるした生地の着物から比べると着付けやすく、着物の初心者には練習しやすいのもうれしいです。
着物というとどうしても特別感が出てしまいますが、紬であればどこへ着ていっても、そんなにかしこまった雰囲気もありません。
さりげなく、着物を着こなせる大人の女性になりたいなあと思います。
それには、一人で着付けできるようにならないといけないですが(汗)


毎年悩ましい、父の日のプレゼント

毎年悩ましい、父の日。
プレゼントを何にするか・・・一ヶ月ほど前から、いろいろ考えるのですが、なかなかコレ!というものが思い浮かびません。
実父と義父、二人分考えなければならないのですが、「今年もなにかプレゼントしたいのだけど」と訊いてみたところで、「気を遣わないで。何もいらないから」が毎年の返答。まあ、そう言うでしょうね・・・。最近は、もう、何も聞かずに当日宅配便で贈っています。
父の日。本来、父親に日頃の感謝の気持ちを伝える日だと思うのですが、私にとっては・・・おそらく多くの女性にとっては、プレゼントに悩まされる日、になるのではないでしょうか。

実父も義父も、わりと多趣味なので、趣味に関するものを贈ればいいと思うのですが、これはこれで難しい。
実父は絵画が趣味。子供の頃は、スケッチブックをプレゼントしたり、社会人になって収入ができてからは額縁をプレゼントしたりしていましたが、好みもあるだろうし、喜んでもらえていたのかどうか・・・。
義父はカラオケとグランドゴルフが趣味。でもそれらに関係するどんなものがプレゼントとしてふさわしいのか、思いつきません。

父の日以外にも、それぞれお誕生日にもプレゼントはしています。
実父には孫からの手紙と絵、それから、私の嫁ぎ先の地元の銘菓。
義父には、去年は靴下。その前の年はお風呂グッズ。それに孫たちからのメッセージ。
二人ともお金に困っているわけではないから、物よりも、「孫たちからシリーズ」が喜ばれるのはわかっているのですが・・・。
父の日は孫ではなく、私と主人からのプレゼントとなるので、毎年簡単なメッセージは添えるものの、似顔絵を描いてプレゼントというわけにはいきません。
義父にまた物をプレゼントしたら、次に巡ってくるお誕生日がネタ切れになりそうで、ためらいます。靴下だってお風呂グッズだって、大したものではないのに、それでもかなり悩んでひねり出したプレゼントですから。

結局、毎年父の日は、食べ物になることが多いです。でも食べ物もまた難しいんですよね。確実に喜んでもらえて、間違いなく美味しく食べられるもの。
これまで、メロンを贈ったり。干物セットを贈ったり。ブランド豚のお肉セットを贈ったり。さぬきうどんを贈ったり。父の日というか、まるでちょっと早いお中元?と思うような内容が多かったかもしれません。お礼の電話は来るけれど、本当に喜んでくれているのかどうか・・・。贈りたい、喜んでもらいたい、という気持ちは本物なのですが、なかなか難しいものです。

さて、今年ですが・・・両方の父ともに、うなぎを贈ることにしました。実は去年も贈って、これは本当に好評だったようなので。本人からだけではなく、母からも喜びの声が届いたので、間違いないと思います。うなぎは何年か前から、値段が跳ね上がってしまって、なかなか気軽に買えるものではなくなってしまいました。好物だけど、自分ではそうそう買わないもの・・・。我ながら、良い贈り物ができたかなと思っています。というわけで、とりあえず今年もうなぎで。
さて、三年目も同じ、というのはアリでしょうか?
来年はまた悩みそうです。
white_day_present


夏休みの自由研究の制作を親子で頑張っています

我が家の小学一年生の娘は、只今夏休み期間中です。
小学生になって初めての夏休みを満喫中の娘ですが、長い夏休みもそろそろ残りわずかです。そこで気になってくるのが宿題の進行具合です。
娘は夏休み前半に私が口を酸っぱくして言ったので、計算ドリルや国語の書き取り等は済ませましたが、コツコツやらなくてはいけない音読や、図工の絵と自由研究は困った事にほとんど手付かずのままなのです。

先日もこのままでは始業式に間に合わないし、お母さんは宿題のお手伝いをしないよとちょっと脅し気味に言いましたが、娘の方はまだ大丈夫と言って、全く危機感を持ってくれませんでした。
娘の夏休みの宿題で一番時間がかかり、一筋縄ではいかないのが自由研究です。
一年生は約10日間ほどかけてじっくりと取り組めるような課題を自由研究として選び、完成したものを始業式に持ってくると言う事になっています。
夏休み前に自由研究についての計画表を提出したのですが、学校側からお父さんやお母さんと一緒にテーマを決めて下さいと言う事で、娘と相談した結果、ドールハウスを制作すると言う事にしました。

ドールハウスは猫好きな娘らしくテーマを猫カフェにする事に決定し、猫は紙粘土で制作して絵具やニスを使って仕上げる事にしました。
夏休み前の保護者会での話では、自由研究は一年生と言う事もあり大人の人の手助けが必要となる事もありますのでご協力お願いしますとの事でした。
やっぱり保護者の頑張りが影響してくるのかと思いながら、ややプレッシャーを感じています。

先日は娘と一緒に百均のセリアに行き、自由研究の材料に使えそうなものを探しに行きました。
まずはドールハウスに使用する箱をどうするか迷いました。
家にある段ボール箱や空き箱を利用しても良かったのですが、ちょっとチープな感じになってしまいそうでしたし、せっかく制作するなら飾って置ける様にしたいなと思ったので、娘と相談した結果長方形の木箱を二つ重ねて作る事にしました。
セリアの木材インテリアのコーナーに丁度良い大きさのものがあったので二つ選び、ハウスの内側に貼る可愛い布を娘が選びました。

そして肝心の猫人形を作る紙粘土とニスを購入して、猫カフェのお庭に飾るフェイクグリーンを選びました。
材料が揃ってくると何となくイメージがわいてきて、娘も断然ヤル気になってきました。
昨日はどんな猫を作るか娘と相談し、我が家の猫を観察したり猫雑誌を見ながら猫のイラストを描いてみました。
三毛猫や黒猫、我が家の猫の様にモフモフの長毛猫等、娘が作りたい猫のアイデアは尽きません。

そして本日、やっと猫の人形制作に取り掛かりました。
粘土をこねて猫の形を作っていくのですが、形や大きさが揃わずなかなか上手くいきません。その内紙粘土も乾いて固くなってしまうので焦りだし二人で四苦八苦しました。
大きさと形が良くて娘が気に入った猫をよくかわかして、翌日に絵具で色を塗りニスでコーティングする予定です。

紙粘土が乾くまでの間、猫カフェの内装やインテリアに手を付ける事にしました。
カフェの壁紙はセリアで購入した花柄の布をはり、娘がビーズやスパンコールをボンドで貼って可愛く仕上げました。
猫の遊び場であるキャットタワーやおもちゃは紙粘土で形を作り、猫ベッドやクッションは木材の切れ端と布や綿を使い、出来るだけ本物っぽくなる様に作りました。

娘は小さい頃から猫が大好きと言う事もありとても楽しんで作っているので、自由研究の課題を猫カフェにして良かったなと思っています。
完成まで後3~4日はかかりそうですが、親子で楽しみながらコツコツと制作していけたら良いなと思っています。
夏休み終了まであと少しですが、自由研究が夏休みの良い思い出になる様に私もお手伝いしていきたいと思います。
224251s


現実には絶対無理だと思っていること

お気に入りのオンラインゲームで、夏になると恒例なのが「お化け屋敷探検」です。
お化け屋敷というといろんな「テーマ」がありますが、このゲームで怖いのは幽霊ではなくてゾンビです。
廃墟になった病院や学校を探検して隠された宝物などを探し当てるのですが、途中でゾンビに襲われることのないようにしないといけません。

お化け屋敷は興味がありますしみんなでワイワイ言いながら体験したり観たりするのは楽しいと思います。
一人でお化け屋敷に入るとかホラー映画を観るのは絶対に無理です。
たぶん途中で絶対に背後を確認したりするのに忙しくて何が起こっているのか全くわからなくなるに決まっているからです。

実際現実になると、例え大人数でいても誰かが「キャー」なんて悲鳴をあげたら当然私もパニックになります。
でもゲームは別です。
幸いこのゲームは実写タイプではなく、アニメーションなのでゾンビが出てきてもものすごく怖いということはありません。
だから遊んでいる間に自分の背後を確認するのに忙しくなるということもないのです。

機嫌よく遊んでいると、夫から「またそんな怖いもので遊んでいる。」と笑われてしまいました。
怖がりのクセに怖いものを見たくなるタイプの私は、夜中に目が覚めて「怖いこと」を思い出して眠れなくなることもあるのです。

時々、「ひとりでゾンビでいっぱいのビルに行って宝探しをするなんていうゲームをやっているんなら現実にそういうチャンスがあったら参加するか。」と聞かれます。
もちろんそんなことは絶対にできません。
例えものすごい財宝が隠されているとわかっていても、遠慮したいと思います。

そんな私に夫がひとこと、「まともにゾンビでいっぱいのビルに入っていこうって考えるからダメなんだよ。」と言います。
「明るい昼間にビルを解体するとかして、ゾンビをやっつければいいんだ。」というのです。アドバイスはありがたいですが、そんなことをしたらゲームの意味はありません。

やっぱりお化け屋敷探検はゲームの中だけがいいと思います。


近隣のゴールデンウイークの状況が心配

今、住んでいる市内は「一応、関東の観光地の端くれ」なので、長期の休日が続くと近隣の幹線道路が混みあいます。
しかも、観光スポットが点在していますので、あちこちで渋滞するはずです。
テレビでも地元の観光案内が放送されたりするのですが、観光客を呼ぶだけ呼んどいて交通整理するのがとっても下手なので、いつも同じところが混雑します。
今回も同様、ゴールデンウイークの直前ということもあって、地元の観光スポットがテレビでちらほら紹介されているのを見ました。
「あ~…またあの道、渋滞するなぁ」なんて。

ここに住み始めて、初めての長期の連休が今年のお正月でした。
主人は暮らし始めて10年以上経つので、周りの状況がわかっているので「あそこは混むから気をつけてな」と私に注意を促してから出勤してくれたのですが、その日、構わず…というか注意してくれたことを忘れて、向かってしまったのが失敗。
まさか、歩行者天国になっているとは知らずに迂回させられ、ぐるぐるぐるぐる…。
かなり遠回りしたり、行き止まりに入り込んでしまったり…。
あまり運転が得意ではないため、若干ですが、車酔い気味になりながら買い物を済ませ、家に帰ってきたころにはぐったりでした。

さて、今回は初のゴールデンウイークです。
しかも、親戚が子連れで泊まりに来ることになっているので、家に引きこもっていられるわけがないので、非常に頭が痛いです。
運転は実弟に任せるとしても、道案内は頼まれてしまうはず。
あまり道に慣れていない…というか方向音痴なので、ちょっと困っています。
そして、近隣は昔からある古い港町なので、道が細く一方通行が多かったりと私の頭を悩ませるポイントがいくつかあります。
主人が一緒に動いてくれればとは思いますが、ゴールデンウイークも仕事なので、わがままは言えません。。

今から頭が痛いですが、それもゴールデンウイークに観光地に来たと思って楽しんでもらえればと思います。
driving_red


初めての妊娠は分からないことだらけでした

皆さんこんにちは(^^♪
今日は、私の初めての妊娠体験について、書いてみたいと思います。

普段通りに生活していた、ある日、なんだか体調がすぐれないことに気づきました。
ちょうど月経前だったので、よくある症状かしら、と思いつつ、結婚して一年目の私は、もちろんすぐに妊娠の可能性についても思い浮かべました。

実はその時、結婚式を前月に終えたばかりで、主人とは、「そろそろ子どものことも考えたいね」なんて話していたので、まさかこんなに早く、しかもタイミング良く!?と半信半疑でした。

けれども私の中では、なんだかいつもと同じような、なんだか違和感があるような、不思議な感覚がしていたのです。

女性の勘も働いたのかもしれません。
たとえば、私はお酒をよく飲む方で、いつも主人と二人で晩ごはんと一緒にビールを飲むのですが、その頃、ビールを前にしてもなんだか「飲みたい!」という気持ちがわいてこなかったのです。いつもなら、「おいしそう、早く飲みたい!」と思うところなのですが(笑)。

また、普段よりもイライラと、些細なことで腹を立てることが多かったようにも思います。
精神的に不安定な状態であることを自覚し、なるべく毎日を穏やかに過ごせるように気を付けました。

そうして、月経予定日を過ぎ、基礎体温の変化を見て、ようやく疑念が確信へと変わっていきました。
いつもは予定日ぴったりにくる月経がこないことと、毎日図っている基礎体温が、そろそろ低温期にさしかかるはずなのにずっと高温期を保っていることが決め手となり、妊娠検査薬を試してみると、やはり、陽性の結果となりました。

主人と私は大喜びしながらも、病院へ行くまではまだ安心できないと思い、すぐに産婦人科へ行きました。
ちなみに、産婦人科へ行くのも初めてのことで、少し緊張しました。
とても人気の産婦人科だったのですが、初診のため予約はすぐに入れてもらうことができ、いざ初受診へと向かいました。

結果、胎嚢を確認することができました!

お恥ずかしながら、「胎嚢」という言葉すらよく知らなかった私たち夫婦も、妊娠を機に、たくさんの情報を得ました。
胎嚢が確認できてから、心拍が確認できるまでの間、流産する確率はなんと3分の2もあるそうです。その確率の高さにとても驚きました。

赤ちゃんを授かることも、無事に出産して育てることも、奇跡のようなことなんだなぁと、改めて知りました。
今はとにかく、体を大事にして、しっかり栄養を取り、私たちの大切な赤ちゃんと出会える日まで、主人と二人で支え合いながら、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
akachan_ninshin


大掃除はしないことにしました

souji_yukasouji

そろそろ年末年始の予定を考える時期になりました。
毎日なんだか暖かくて年末という気がしません。

主婦向けの雑誌をみていると、どれも「簡単にできる大掃除」といった特集が組まれていますが、今年はあえて大掃除はしないことにしました。

なぜかというと、以前は本当に苦手で仕方なかった掃除がちゃんとできるようになってきたからあんまり家が汚れていないのです。
苦手ではなくなった理由としては、一回大掛かりに無駄なものを捨てた事と、新しく何か購入したときは以前使っていたものを処分したことと、毎日30分ずつ集中してどこかを掃除することにしたら、楽ちんになったからです。

風水の好きな友達に、「トイレと台所の流しと玄関は毎日掃除をすると金運があがる」と言われてから、家族を送り出した朝一番にその3か所をピカピカにすることにしたので、そこはまったくする必要もありません。

でもなんとなく何もしないのも年越しという気分にならないので、押し入れの収納方法をちょっと変更してみるのと、ベランダにある物置の中身をもう一度見直してみるくらいはしてみようと思います。

他のご家庭はどうするのかな?とちょっと気になっているので、今度忘年会で同世代の友達に聞いてみようと思います。


スポンサーリンク