住宅 一覧

スポンサーリンク

引っ越した先でレトロな銭湯を見つけて行ってみました


最近仕事の関係で実家からアパートに引っ越しました
引越しは何度か経験があるのですが、新しい町に来たら必ずやることの一つに「その町のローカルな銭湯を探して通う」というものがあり、私の中で恒例となっています。
というのも、私は古いレトロな銭湯が大好きなのです。
鏡に書かれた古い布団屋さんの広告や、昔のマッサージ機、古い木のロッカー等、見ているとわくわくしてくるのです。

今回も早速インターネットで調べてみました。
すると徒歩10分圏内で一件ヒット。
しかし、近年銭湯はだんだん減ってきていて、ネットには書かれていても今は閉店しているなんてことも少なくありません。
電話をかけるのも迷惑かなと思い、夜9時ぐらいに家を出てドキドキしながらgoogleマップを使いつつ行ってみました。
すると、道の先に「ゆ」と書かれたノレンを発見!
よかった!と安堵し中に入ってみると、番台には気の良さそうなおばあさんがいて「いらっしゃい。400円です~」とニコニコしながら言いました。

中に入ると、まるで千と千尋の世界のような木のロッカーがずらっと並び、古いマッサージ器やよくテレビで見る帽子のような形のレトロなドライヤーも!番台の上には大きな古い時計があり、時間びったりになるたびにポーンポーンと鳴っています。
まさしく私の理想通りのレトロな銭湯空間で、感激しながら服を脱いで入ろうとした時、あ!と私は気付きました。

タオル類は持って来たのですが、シャンプーや石鹸を忘れてしまったのです。
どうしようと思っていると、その気配に気付いてくれたのか、「あら~もしかしてシャンプーとか持ってない?」と、おばあさんが番台から声を掛けてくれたのです。
すみません、忘れちゃって…としょんぼりして言うと、「ちょっと待っててね」と言い残し、番台を出てどこかの部屋に入っていくおばあさん。
なんとシャンプー、石鹸、トリートメントまで一式揃えて持ってきてくれたのです。
私はもう感激して、何度もおばあさんにお礼をいい、気持ちよくお風呂に浸かりました。
その後はフルーツ牛乳を飲み(これも私の中で恒例なのです)ホクホクした気分で帰路につきました。
以来暇さえあればその銭湯に通い続けています。


購入するならマンションよりも一戸建て!

マイホームという夢は、誰もが持っていると思います。マイホームと言っても、マンションを購入する人もいれば、一戸建てを購入する人もいると思います。ここで私は一戸建てをおすすめしたいと思います。

その理由はまず、自分の思い通りの家になるということです。マンションであれば、ある程度の間取りは決まってしまいますし、二階建ても作れませんし、部屋の様相もある程度決まっています。一方で、一戸建てであれば、壁の色から悩むことができますし、間取り、照明についても一から自分で考えることができるのです。ものづくりはできなくても、マイホームというものづくりは、自分がしっかりと関わることができるのです。自分が考えた家に住むことで、よりいっそう家に愛着がわくと思いますし、理想の家を手に入れることができるのは大きいと思います。
またほかにも、一戸建てであれば庭が持てるというのは大きいです。庭のない一戸建ての人もいますが、庭があれば子供を遊ばせることもできますし、花や木を楽しむこともできます。また野菜や果物を育てることもできるのです。今はいらないとしても、老後は庭が憩いとなる可能性もあるのです。
またマンションと違う部分として、住民同士の面倒な集まりがないのもよいです。つながりを大切にするのも大事ですが、面倒な会議などはない方がよいです。また、なにか災害やトラブルが生じた時に、すぐに逃げられるのも一戸建てです。上の階や下の階の物音にも気をつけなくていいというのも一戸建てのメリットだと思います。

もちろん、マンションであれば、万が一仕事で転勤になってしまったり、実家に戻らなくてはならなくなってしまった際に、売りやすいというメリットもあります。また管理がある程度楽だというメリットもあります。一戸建てもマンションも、どちらもメリットやデメリットがありますが、自分の理想とする生活はどちらかをしっかり考えて、人生の大きな買い物をするべきです。


一戸建てのマイホームを購入して

今年マイホームを購入しました。一戸建てです。
工務店さんのすすめで一年を通じて冷暖房費を節約出来る、遮熱塗料も塗りました

将来マイホームを購入するなら絶対に一戸建て!と思ってはいたものの、ここまでの道のりは決して平坦ではなかったな(大げさですが)と思っています。

そもそも、主人がマイホーム購入に難色を示していました。一生賃貸のほうが絶対いい、という意見の持ち主だったのです。

賃貸と比べて、マンションであろうが一戸建てであろうがマイホームであれば固定資産税がかかる。また、マンションなら修繕費を積み立てなければいけないし、一戸建てでもある程度の年数住んでいれば修繕が必要になってくる。最終的には絶対に賃貸のほうが生涯支出は少なくて住むはず!
と譲りませんでした。さらに、子供がいるうちは3LDKなどある程度大きな家に住まないといけないが、子供達が独立したらそれなりの大きさのところに引っ越すことで家賃も抑えることができるじゃないか、と。

さらに、賃貸のほうが何かあったらすぐ引っ越せるから絶対にいい!とのことでした。もしご近所トラブルが起きても賃貸なら引越しすれば解決する、でもマイホームを購入してしまってはそうはいかない!とのことでした。確かにその点に関しては反論できない面もありましたが、でもマイホームでも最悪の場合は賃貸にするとか売却するという手もあるので、対応できないわけではない、と言いました。

結局、なんとか私が説得を続け、また立地的にもとてもいい土地を見つけたことで一戸建て購入ということになりました。今まで色々ありましたが、結果的には主人も満足しているようです。やはりマイホームを購入したことで、「自分の家を手に入れた」という満足感というのがものすごく大きいようです。

それは私も同じで、やはり賃貸に住んでいるときはあくまで借りているだけで自分の家ではない、という感覚が大きかったのですが、マイホームに住むようになったことで「自分の家だ」という気持ちが大きく、精神的にすごく満たされた気分になっています。もちろんローン支払いはありますが、この家のためなら頑張ろう、という気持ちになれます。


地球温暖化対策にも貢献する遮熱塗料

地球温暖化が社会問題となって久しい時代です。
温暖化の一因として無視できないのが住宅や工場での空調使用で、クーラーで室内は冷えても室外機からは熱風が放出されます。
快適に過ごすためのクーラーがヒートアイランドの原因となるのは皮肉な話でしょう。

冷暖房機からの熱放出を軽減させる方法として、遮熱塗料が注目を集めています。
名前の通りこれは外部からの熱を遮断しますので、空調効果を高めるのに役立ちます。
CO2削減のエコ意識から、遮熱塗料を導入する国内企業は増えてきています。

外部からの熱の影響が低減するため、空調の電力消費量も当然少なくなります。
365日運用する工場では電力コストというのは馬鹿になりませんので、コスト削減の意味でも遮熱塗料が重宝されています。

もちろん一般住宅でも使われています。
太陽の熱放射を反射させるため、屋根に使用するケースが多いです。屋根用のものはカラーバリエーションが豊富で、色によって遮熱効果は若干変わります。
珍しい例では、歩道のアスファルトでもこの塗料が使われるケースがあります。
ヒートアイランドによる気温上昇を防ぐのが目的です。

地球温暖化対策と聞くと大層なイメージを受けますが、このように塗料ひとつを取っても、さまざまな工夫をすることができます。
住宅の塗料選びは、決して温暖化とは切って切り離せない問題なのです。

http://nissin-sangyo.jp/


スポンサーリンク