美容・健康 一覧

スポンサーリンク

大人ニキビをようやく克服

20代・30代前半とニキビとは無縁の肌で、乾燥肌以外は特にトラブルもなく過ごしてきました。ところが、30代後半に入ってからあごや頬にニキビ(吹き出物)が出るようになりました。ニキビと言えば皮脂か過剰というのが頭にあり、洗顔が足りないのかなと思いゴシゴシと顔を洗っていました。ところが、思春期にできるニキビと大人になってできるニキビとは原因が違うのだと知り、大人によるニキビというのは皮脂不足やターンオーバーの乱れが原因だと分かり洗顔方法を見直すことにしました。また、角質の汚れが溜まって毛穴が詰まることでニキビになるとも知り、ターンオーバーを正常に保つための努力をしました。20代の頃は28日周期のターンオーバーも30代後半になると40日周期になってしまうというのです。

まずは、洗顔ですが汚れだけを取り除き、皮脂を取り除きすぎない潤いの残る洗顔料を見つけました。オセアント化粧品というオーガニック化粧品のジェルムッサンという洗顔料です。ジェルムッサンは皮膚にある常在菌のバランスを整えてくれる洗顔料です。この洗顔料に変えたところ1カ月ほどで繰り返し出てきていたニキビがだんだんと減ってきました。それでもまだ小さい白いニキビがポツポツと出ていたので同じメーカーの朝クレンジングを試すことにしました。デマキアンという商品ですが、リンゴ果実酸というソフトピーリング効果のある成分が入っており、寝ている間にできた肌の汚れを取り除いてくれます。角質の汚れが取れてくすみも取れてきました。

今までは肌表面に汚れが残っているまま化粧水や美容液を使っていましたが、角質の汚れがあるといくら化粧水や美容液を使っても浸透しないとつくづく感じました。これまでは洗顔は適当に済ませたり、お湯や水で洗うだけという時もありました。でも、若いころと違ってターンオーバーが正常になされなくなった30代後半の肌はきちんと汚れを取り除くウォッシュケアが大事なのだなと思いました。


年齢相応も素敵だけど、少しは努力も必要

年齢を重ねる女性にとって、しみ、しわ、たるみは大きな問題です。
欧米では最近年齢相応にそのままを見せ、変に隠したりせず堂々としわを見せている人も少なくありません。
それはそれで素敵なことだとは思います。

しかしまだ日本では、そこまでの文化はありません。
ある年齢以上をターゲットとする女性誌は、必ずといってしみ、しわ、たるみ対策の特集が掲載されお勧め化粧品、お手入れ方法の情報であふれています。
やはり少しでも若く見られたい、きれいでいたい。美魔女と呼ばれたい。という欲求が高いようです。
その考えも必要だと思います。

お金と時間が余裕のある方はエステサロンに通い、重力に逆らうようにたるみを伸ばしているようですしさらに”努力”される方は、整形までして美を保とうという方も少なくないようです。解像度が上がったテレビでは、芸能人の方は容赦ないカメラで肌のきめまで映されてしまっています。
”努力”してる方、そうでもない?方とついつい見てしまいます。
しかし、普通のおばさんはそこまでの必要があるでしょうか?
50歳を過ぎ、どこまで”努力”すべきか考えています。
やはり、同い年の人より若く見られたいと正直思います。
少なくとも、年より老けてみられたくはありません。
では何が出来るでしょうか?

しみ、しわ、たるみはいっきにそうなるのではなく、日々少しづつの変化だと思います。
であれば、日々少しづつ対応していけば良いのでは?と思います。
お金も時間も余裕がなければ余計、出来ることを日々継続して多少の”努力”をしていきたいと思います。
どんなに遅くなっても、メイク落としは必ずする。
洗顔は丁寧に顔全体をしっかり洗い流す。
化粧水は安くても構わないので、たっぷり使い肌に染み込ませるように顔全体になじませる。寝る前はクリームを顔にご褒美と思い、マッサージしながら塗り込めていく。
そんなちょっとしたしみ、しわ、たるみ対策を毎日続けて、多少でも見た目年齢を下げていきたいと思っています。


お金をかけない方法を考えたいこと

20161206g
最近は家事をするときに気になるのでネイルをすることをやめていました。
ネイルをしていないとカラーリングがはげてしまったり、ネイルアートが崩れてしまったりする心配がないので最初はラクかなと思っていたのです。

でも最近になって爪のダメージがひどくなってきてしまったことに気が付きました。
爪が薄くなっているというか、割けて服に引っかかったりすることが多くなったのです。

カラーリングをしている間はそのこと自体が爪の保護をしてくれる役目もあったのでしょう、こういうことはありませんでした。
もちろん自分で塗るよりもネイルサロンでお手入れしてもらっていたことが爪へのダメージもなく恩恵だけ受けられたということもあると思います。

またカラーリングすれば爪の保護はしてくれるでしょう。でも私は不器用なこともあって、料理をしたり洗い物をしたりするときにはカラーリングをしているとどうしても気になってしまうわけです。
だからお金をかけてサロンに通うのももったいないかな、と思ったりもします。

ただ爪が割れたりしているとやっぱり気になりますし、見た目も悪いです。
よく見ると心なしかトラブルがあるときには爪の色自体も悪いし・質も薄くて弱いという状態です。

カラーリングせずに爪を丈夫にするには、ということでいろいろと調べた結果、やっぱり「オイル」を使うという結末に行きつきました。
爪も結局は肌と同じですから、「乾燥」するとトラブルが起こってくるわけです。
なので肌のお手入れと同じように美容オイルなんかを使って手入れすることでトラブルが防止できるというわけです。

爪の手入れをするためのオイルにもサロン専用のものから化粧品専門店で購入できるものがたくさんあります。
そういうものもいいのですが、やっぱり主婦としてはコスパも気になります。
ネットで調べて私が自分なりに見つけた結果、一番手に入りやすく・価格も安くてしかも肌なじみのいいのはオリーブオイルということになりました。

次はオリーブオイルを使いながらの上手な爪のお手入れを見つけたいと思います。


インフルエンザが知らせてくれた春

毎年、この時期になると、我が家にやって来るのがインフルエンザ。
接客業の主人と、学生二人を抱えた我が家では、どのタイミングで誰が持って帰って来ても仕方ないと心得ているのですが。

インフルエンザは他の病気を併発する可能性もありますから、毎年、家族揃ってワクチン接種は欠かせません。それでも毎年誰かがかかっているので、「ワクチン代が勿体ない・・・」と思ってしまうのですが。とは言え、ワクチン効果なのか、比較的軽い症状で済んでいるのも確かなので、また今年も11月頃にはワクチン接種に行くつもりでいます。

今回は娘が第一号。今回は・・・と言いつつ、思い返してみれば大抵毎年、娘が第一号ですね。
自宅の電話が鳴った瞬間、嫌な予感がしたのですが、電話の相手は学校の先生でした。「熱が上がって来たので、お迎えに来てください。クラスでも数人お休みしているので、多分インフルエンザだと思います。」という事で、保健室へお迎えに行きました。

例年通りというのも悲しいですが、我が家にインフルエンザがやってきました。
「時、既に遅し?もしかしたらもう感染しているかも」と思いつつ、一応用心ということで、娘は子供部屋で隔離生活続行中です。一番接触しているのは私ですが、私が動けなくなってしまうと、家族が困ってしまうので、今年も「母強し!」で。インフルエンザに負けず、この時期を乗り越えようと思っています。

その娘を連れて小児科へ行った時の事。
検査でインフルエンザの陽性反応を見た後、会計に呼ばれるまで、窓際で順番を待っていました。窓の向こうには、まだ花も葉もない桜の木が。
娘は季節の変わり目に体調を崩しがちで、毎年、桜の花が散る頃には、お世話になっているのですが、この時期に病院に行くのは珍しいことです。
病院の駐車場の脇にあるその樹から、溢れるように舞い落ちてくる桜の花びらが、アスファルトにピンクの水玉模様を作る様子は、もう何度も見て来ました。なぜだかいつも雨の日で、「この雨で桜も、終わってしまうなぁ」とその木を見上げている記憶があります。しかし先日の桜は、枝の先が少し膨らんで、春の準備をしている姿を見せてくれました。

今年のインフルエンザは例年よりも遅めの流行という事で、今まで病院では見る事のなかった桜の木の姿を見る事になりました。旬な時期を終える姿しか見た事無かったのに、春の訪れを知らせてくれるなんて。
すぐそこまで春が来ているのだと、窓から見える景色に少し、ホッとさせてもらいました。
出来れば、今年は雨に降られる桜吹雪は見たくないかな。娘には季節の変わり目も元気に過ごして欲しいものです。

娘の経過は順調で、一安心していますが、今日は上の子の学校から、クラス閉鎖の知らせが入ってきました。順番だとは思いつつも、まだまだ気が抜けない日々が続きそうです。
昨年は、家族が完全復活した頃、私が熱を出す・・・という事になってしまったのですが。今年は、どうにか切り抜けたい!元気なまま、春を待ちたいと思います。
mask_woman


スポンサーリンク