旅行・お出かけ 一覧

スポンサーリンク

お風呂は風情のある木製で

日本人はお風呂好きで温泉好き、銭湯好きです。但しどれくらいの温度を好まれるのかちょっとわかりません。私は個人的にはぬるいのが良いのですが。元々銭湯は昔、大勢の人がお風呂屋さんに出かけて綺麗になって帰って来ました。

今は殆どが個室でユニットバス式でもそれ以外でも自分の住んでいる家で、お風呂に入って綺麗に身体を洗います。と言う事は銭湯に行くのは特別な意味があるんだろうと思います。皆でわいわいとお馴染みの場所で裸の付き合いと言うものでしょうか色々話をするのかもしれません。

社交場として位置づけられる事もあるんです。1年に2回ほど子供達を連れて銭湯に行きますが、子供達はお風呂上りの飲み物を必ず飲んでいます。それに自宅では味わえない広さで露天風呂形式だったりしますので子供達と一緒に身体を伸ばしてゆっくりします。

風呂と言っても商業施設のような感じのするところは、ゆっくり入っていると言うより遊び感覚で入れますから面白いです。今後の銭湯はどうなるかですが、入浴料金の値段が高くても当たり前ですが残る所は残るでしょう。

私などは熱いのが苦手で殆ど湯船につかりません。その代り2度洗いするので、もとは取れるのかなと思ってしまいます。リンスインシャンプーとボディソープは備え置きの物を使うので自分専用のものを持って行きません。それで2回洗うので綺麗になった気分になります。

私の近くのスーパー銭湯はボタンを押してお湯が出てきて時間が来ると自然と湯が出なくなりますので、もう1度、又もう1度とボタンを押す事になります。従がってもう少しお湯が沢山出てくれれば有難いと思っています。

あまり利用しませんが自宅の風呂だけではモノ足りず、実質的には管理が難しいので無理だと思いますが木の風情のある銭湯があれば、行って見たいと思ってしまいます。そう言う木の匂いのするお風呂は入っていて、何となく落ち着いて日本人だなあと思ってしまう訳です。

全てが木製である必要はないので、湯船だけでも木であれば又捕らえ方が違って良いと思います。値段は少々高くてもレトロな異文化とさえ思えてしまうかもしれません。

https://www.kumano-no-sato.com/sanda/yu_wa.html

mark_onsen


地元の友達と久し振りに集まりました!

今日は中学の仲良かったメンツ三人で集まりました。みんな大学は地元を離れてしまいなかなか会うことができなかったのでとても楽しかったです。会わない間の話をみんなでしたのですが、友達の彼氏の話がすごかったです。友達は、中学から付き合っている彼氏がいたのですが別れてしまっていました。友達の彼氏は、中学時代かっこよくて背が高くて頭がよくて何でもできるアイドル的な存在でした。そのため、すっごいモテました。実際友達と付き合っている時もいろんな女子から告白されていました。それでも友達の彼氏は、友達に一途でラブラブで二人ともとても幸せそうでした。二人は高校も一緒だったのでずっとラブラブでした。しかし、大学が離れてしまい問題が起きたそうです。友達は東京、友達の彼氏は大阪に住むことになりました。大学生になって環境が変わり離ればなれになってしまい、段々連絡が取ることが減ってしまったそうです。それでも友達は会える時の時に会いに行き、会える時の時間を大事にしていたそうです。

しかし、ある日会いに行ったのにも関わらず今日は急に用ができて会えないと言われました。友達は寂しさとか怒りとかありましたがその日は帰ることにしました。なんかあるのかなと思い、次に会ったときに彼になんか会ったと聞いたらそっけなく別にないよと言われたそうですが、気になって彼氏の携帯を見ると他の女の子に好きだよと書いてあるラインを発見してしまったそうです。その後友達は彼氏のLINEをブロックして連絡してないそうです。私は、実際に浮気をされた話を聞いたことなかったのでとてもびっくりしました。もう一人の友達もとてもびっくりしていました。みんなで友達がその嫌な思いを忘れるように、お酒をたくさん飲みました。その後カラオケに行って騒ぐはずだったのですが、カラオケで友達が失恋ソングを歌ったのでみんなで失恋ソングを歌って泣いていました。友達がはやく立ち直れたらなと思います。
nomikai_joshikai


美術館を訪れると、いつものんびりと鑑賞しちゃいます

静かな場所が好きで、美術館をよく訪れるのですが、私は人より、鑑賞ペースが遅いとよく言われます。
故に、誰かと行くより、一人で気ままに鑑賞する方がマイペースで回れるので好きです。

鑑賞ペースが遅くなる原因はなんとなくわかっています。
ガイドラインを聞きながら、じっくり作品を眺めて回っているからです。
ガイドラインで言われてることが自分なりに納得できなければ、その作品の前にいつまでも留まり、ガイドラインの説明と自分の思考が合致したら、安心してその場を離れます。
絵画を見る為にお金を払っているので、自分が心ゆくまで見たいのです。

たまに有名な絵画がきた時だけ、美術館を訪れる方もいます。
私も有名な絵画は見たいのですが、ゆっくり鑑賞したいので、人が空いた頃に行きます。
だいたい閉館の一時間前が穴場タイムなので、少し慌ただしくはなりますが、ゆっくり見たい絵画がある時は、遅めの時間から美術館を訪れるようにしています。

若手の画家さんの作品を見るのも好きです。
まだ有名になっていなくても、鬼才を持っている画家さんはたくさんいるのです。
発展途上の絵画は見てるだけでワクワクします。
ピカソ然とした絵画なら尚更です。

和風の絵画も好きです。
絵画の起源とも言えそうな水墨画の世界を覗いて、一気に魅せられました。
淡墨だけで描かれたモノトーンの絵画は、それだけで個性を感じさせてくれます。
墨だけでも水の量であんなにも深い絵画になるんですね。


スポンサーリンク