パソコン・スマホ 一覧

スポンサーリンク

Microsoft Officeと新しいサービスOffice 365について

Microsoft Officeといえば、Windowsにとって欠かせない必須アイテムとしてのオフィス・アプリケーション・スウィートというイメージが強すぎますが、もともとはMacintosh向けに発売されていたことを知りませんでした。
以後、Windowsが一般的なOSとして主流になってきたことで、Windowsがバージョンアップされるごとに、Office自体もWindowsに対応して、マイナーチェンジされてバージョンアップされています。

Officeには、ワープロソフトであるWord,表計算ソフトであるExcel,電子メールクライアントなどの機能を備えた個人情報管理ソフトであるOutlookなどがパッケージ版になっているのがPersonal Editionで一般のパソコンに搭載されています。さらに、プレゼンテーション用のPowerPoint,メモ管理ツールのOneNoteが追加されたHome & Businessのパッケージ版も発売されています。
今やOfficeは、パソコンには絶対無くてはならない必修ソフトで、勉強から仕事まで幅広い用途を持ち、プライベートから学校、ビジネスまで幅広い場面で用いられています。

しかし、同じOfficeを長く使い続けると、サポート終了になれば、セキュリティー面での心配が出てきます。
かと言って、新たに最新Officeを導入するようになると、価格的にちょっと高いという理由で、買い渋ってしまうことがあります。
この場合には、通常のパッケージ版より安いアップグレード版をお勧めしたいと思いますが、アップグレード版は2013まで存在していましたが、2016からはアップグレード版が出ていないみたいです。

これに代って、Office 365という毎月の利用料金を支払うことでOfficeが使用できるサービスが始められました。
いつでも最新バージョンのOfficeが使用可能で、バージョンアップの際も、自動的に使用できるようになり、12ヶ月まとめての年次契約で10,800円(1ヶ月あたり900円)になります。
これに比べ、Word,Excel,PowerPoint,Outlook,OneNoteのパッケージ版が利用できるOffice 2016 Home & Businessの価格はMicrosoftホームページで37,584円です。

Office 365の料金がOffice 2016 Home & Business価格を上回るのが利用から3年6ヵ月目(通算して37,800円)になりますが、この時期になりますと、おそらく既にOffice自体がバージョンアップされてくる可能性があります。この場合も、今までの料金プランのままでよろしいので、バージョンアップ毎に新たに追加費用を支払う必要はありません。

ビジネス関連において、Officeをずっと導入するなら、いちいちバージョンアップでパッケージ版を買うより、いっそOffice 365を導入および契約することによって、ずっとお得に使えますので、ビジネスは勿論、幅広い場面でOffice一筋にやっていきたいのなら、Office 365をお勧めしたいと思います。


パソコンソフトの買い取り時の注意点について

家庭用ゲームソフトの買い取りはブックオフ、ゲオを筆頭に大体どこの町にも一つはある物です。
ではパソコンソフトの買い取りはどうでしょうか。
買い取りはパソコンゲームソフトにほぼ限定されて、しかも少ないと思います物です。
都市部ならば秋葉原等の昔ながらの電気街を中心に存在するでしょう。 しかし地方では聞いた事すらないのが実情だと思います。
昔と比べればパソコンが一般家庭に普及したとはいえ、中古パソコンソフトのニーズはそんなに多くありません。
これは本体へのインストールが前提で動作するパソコンと、ゲーム機への一時的な挿入に過ぎない家庭用の決定的な差です。
前者は本体へのインストール後はソフト本体が必要なくなる事が多く中古へと流れる事がありましたが、近年以降はソフトウェアのアクティベーションによってこの手が使えなり手放す機会が減りました。 これは1本当たりの単価の高いビジネスソフトにおいて顕著です。
またバージョンアップ時に旧バージョンからのアップグレードならば費用が削減できる為、古いソフトでも手放す機会は更に減少しています。
更に言うなら店頭でゲームソフトは買取しても、ビジネスソフトの買い取りを実施しているところは国内でも数えるぐらいしかないのが実情なのです。
これらの理由によりビジネスソフトの買い取り時は郵送買い取りが基本となります。
ただし買取してくれるからといって無暗に郵送するのは禁物です。

ゲームならばある程度の範囲はカバーしてくれますが、ビジネスアプリはOS、画像処理、3DCAD、開発言語くらいしかニーズがありません。
理由はこれら以外は元の値が低く、買い取って売っても利益に成り難く中古でのニーズが低い為です。
裏を返せば元値が高額なソフトはその価格故に他所でも導入がネックとなっている事が多く、中古で安い費用で入手できる可能性があるなら欲しいと考える人間がおり、需要有りとみるべきです。

ビジネスソフトはただでさえニーズがニッチな為、買い取ってでも欲しいソフトは少数だという事ですね。
またゲームソフトの場合は店頭買い取りがある物の、家庭用機やブルーレイソフトと比較してパッケージが大きく持ち込み時は多く運べない事があります。
店頭で査定後そのまま換金というメリットがある物の、リュックサックに5~6本も入れればほぼ満杯という事も多く、移動時は積載量に注意しましょう。
ゲームソフトでも郵送買い取りは有効な手段ですが、梱包する段ボールのサイズによっては余り入らなかったり隙間ができやすく移動時には損するリスクが伴います。

大きめの段ボールで隙間に梱包材や新聞紙を詰める事をお勧めします。
郵送での買取は多くのソフトを詰めて依頼できる分査定には長い時間がかかります。
量にもよりますが1週間程度は見越しておきましょう。
換金の即時性が重要ならば、高めの物だけ店頭買い取りという手も考慮しましょう。
散々待たされた挙句雀の涙の査定額ではあまりにも悲しすぎますからね。
いかがでしょうか、パソコンソフトは買い取りはある物の家庭用ゲームソフト程手軽にはいきません。 売却時の行動とニーズを見据えてより良い取引になればと思います。


ブログもツイッターも良いけどホームページ制作も

ブログというのは運営する会社が幾つもあって、それぞれブログ制作のためのフォーマットの種類をいろいろ用意しています。ブログ制作では、ただ文章を書き込み、写真を挿入などするだけで良いということになりますので比較的かんたんです。
ブログにはホームページと同じようにリンク集と取り付けることができますし、ホームページに使うことのできるツールも、ブログでも同様に使うことが出来ます。

サポートが万全になっているブログほど使い勝手が良いことになります。ホームページ制作はちょっとむずかしいそうだし、煩わしいことはいやだと考えているなら、とりあえずブログを始めようということで良いと思います。
そしてブログのような長文ですら煩わしいというのならツイッターです。ツイッターは登録すればたった一言のつぶやきから始められますし、パソコンからでも携帯からでもつぶやくことができます。まさにめんどくさがりのための簡略日記ツールです。
そんなブログやツイッターでは物足りないというなら、やはりホームページ制作をしてみるべきです。専用ソフトは無料のものがありますし、ホームページにはホームページならではの使い方があります。

昔はホームページ制作にはhtmlタグ記入していかなければいけませんでしたが、いまは標準的なサイトを作成するなら、難しいことは全くありません。
作り方を覚えてしまえば、どんなデザインにすることも自由自在であるということです。絵を描くことができるならば、バナーを作ったりロゴを作ったりしてホームページを飾り付けることができます。表を用いて全体を区画することで、ブログにはできない複雑な見た目にすることもできます。
ブログは基本的に縦スクロールなのですが、ホームページだと横にも伸ばすことが出来ますし、特殊なタグによって複雑な機能を持たせることもできます。

なにしろ自由度の高さを求めるなら、ホームページのほうを選ぶべきですので、無料の制作ソフトから試して見たらと思います。


スポンサーリンク