Rei 一覧

スポンサーリンク

大人ニキビをようやく克服

20代・30代前半とニキビとは無縁の肌で、乾燥肌以外は特にトラブルもなく過ごしてきました。ところが、30代後半に入ってからあごや頬にニキビ(吹き出物)が出るようになりました。ニキビと言えば皮脂か過剰というのが頭にあり、洗顔が足りないのかなと思いゴシゴシと顔を洗っていました。ところが、思春期にできるニキビと大人になってできるニキビとは原因が違うのだと知り、大人によるニキビというのは皮脂不足やターンオーバーの乱れが原因だと分かり洗顔方法を見直すことにしました。また、角質の汚れが溜まって毛穴が詰まることでニキビになるとも知り、ターンオーバーを正常に保つための努力をしました。20代の頃は28日周期のターンオーバーも30代後半になると40日周期になってしまうというのです。

まずは、洗顔ですが汚れだけを取り除き、皮脂を取り除きすぎない潤いの残る洗顔料を見つけました。オセアント化粧品というオーガニック化粧品のジェルムッサンという洗顔料です。ジェルムッサンは皮膚にある常在菌のバランスを整えてくれる洗顔料です。この洗顔料に変えたところ1カ月ほどで繰り返し出てきていたニキビがだんだんと減ってきました。それでもまだ小さい白いニキビがポツポツと出ていたので同じメーカーの朝クレンジングを試すことにしました。デマキアンという商品ですが、リンゴ果実酸というソフトピーリング効果のある成分が入っており、寝ている間にできた肌の汚れを取り除いてくれます。角質の汚れが取れてくすみも取れてきました。

今までは肌表面に汚れが残っているまま化粧水や美容液を使っていましたが、角質の汚れがあるといくら化粧水や美容液を使っても浸透しないとつくづく感じました。これまでは洗顔は適当に済ませたり、お湯や水で洗うだけという時もありました。でも、若いころと違ってターンオーバーが正常になされなくなった30代後半の肌はきちんと汚れを取り除くウォッシュケアが大事なのだなと思いました。


年齢相応も素敵だけど、少しは努力も必要

年齢を重ねる女性にとって、しみ、しわ、たるみは大きな問題です。
欧米では最近年齢相応にそのままを見せ、変に隠したりせず堂々としわを見せている人も少なくありません。
それはそれで素敵なことだとは思います。

しかしまだ日本では、そこまでの文化はありません。
ある年齢以上をターゲットとする女性誌は、必ずといってしみ、しわ、たるみ対策の特集が掲載されお勧め化粧品、お手入れ方法の情報であふれています。
やはり少しでも若く見られたい、きれいでいたい。美魔女と呼ばれたい。という欲求が高いようです。
その考えも必要だと思います。

お金と時間が余裕のある方はエステサロンに通い、重力に逆らうようにたるみを伸ばしているようですしさらに”努力”される方は、整形までして美を保とうという方も少なくないようです。解像度が上がったテレビでは、芸能人の方は容赦ないカメラで肌のきめまで映されてしまっています。
”努力”してる方、そうでもない?方とついつい見てしまいます。
しかし、普通のおばさんはそこまでの必要があるでしょうか?
50歳を過ぎ、どこまで”努力”すべきか考えています。
やはり、同い年の人より若く見られたいと正直思います。
少なくとも、年より老けてみられたくはありません。
では何が出来るでしょうか?

しみ、しわ、たるみはいっきにそうなるのではなく、日々少しづつの変化だと思います。
であれば、日々少しづつ対応していけば良いのでは?と思います。
お金も時間も余裕がなければ余計、出来ることを日々継続して多少の”努力”をしていきたいと思います。
どんなに遅くなっても、メイク落としは必ずする。
洗顔は丁寧に顔全体をしっかり洗い流す。
化粧水は安くても構わないので、たっぷり使い肌に染み込ませるように顔全体になじませる。寝る前はクリームを顔にご褒美と思い、マッサージしながら塗り込めていく。
そんなちょっとしたしみ、しわ、たるみ対策を毎日続けて、多少でも見た目年齢を下げていきたいと思っています。


溢れている玄関

今、我が家の玄関には物があふれています。建売住宅で、決して広い玄関ではない、むしろ狭い玄関なのに物があふれているから大変です。

何がそんなに溢れているのかと言うと、宅急便で届けられたものです。次女がまだ生後6か月なので、色々なものをインターネットで買ってしまうことが多いのですが、組み立て式のものはなかなか夫が組み立ててくれないので、玄関に置きっぱなしなのです。
もう一か月以上玄関に置かれているのはウッドブラインドです。我が家の階段には2か所窓があり、一回側の窓にはウッドブラインドをすでに設置済みなのですが、二階側の窓がまだ設置が完了していないのです。せっかくオーダーして、早々に配送してもらったのに、まだ設置していない…縦長の段ボールがドーンと置かれています。

それから長女と次女兼用の食事椅子です。完成品が送られてくるのかと思いきや、どうやら組み立て品だったらしく、これまた結構な大きさの段ボールが置かれています。

憧れは、どこからどう見ても隙のないオシャレな家なのですが、玄関に段ボールがドーンとあったら、もうそれだけでオシャレとは程遠いです。いい加減、この週末には根性を出してすべてを片づけてしまいたいと思います。…そのためには夫の協力が不可欠なので、うまく誘導してやってもらおうと思います。


旦那任せの車検

日本では、車検は数年に1度で、車が古くなるたびにその間隔が狭まってくるのかなと勝手に思っていますが、アメリカでは違います。

アメリカは車社会だというのは皆さんご存じのとおりです。
私もアメリカで車生活をしている1人なのですが、この車検の早さに驚きます。
というのも、車社会と言う事で、車なしには生活できない国がアメリカです。
ということは、車を使う頻度も高ければ、車の走行距離も、日本の比ではないほどの距離を毎日走っているのです。

例えば、私の旦那は、家から40マイル以上離れた場所に会社がありますから、毎日往復80マイル、キロに直すと、ざっと100キロは軽く超えます。
普段からそんなに1日に車を使っているという人は、日本ではトラック運転手さんとか、運転する事を職業にしている人だけではないでしょうか。
でも、アメリカでは普通のことなのです。
だからこそ、本当に車検の回数が多いというのが、日本とアメリカの車検の大きな違いでしょう。

私の旦那はそんな感じの走行距離ですから、数ヶ月に1度車検を行っています。
1度に数万円近く取られるので、イタイなと思いつつ、それで何か事故があっても困るので、決められた時期、決められた走行距離を走った時点で必ず車検には出しています。
日本とまた違う所が、車検をしてもその日以内に車を戻してくれます。
大体2時間見ていれば終わります。
代車文化はないですし、車がなければ暮らしていけないのがディーラーショップの方たちも分かっているからでしょうが、これは便利です。

そして私の車は、旦那に比べれば走行距離は少ないので、大体半年に1度行うペースですが、ハッキリ言って車の事は日本語で言われてもよく分からないので、全部旦那に車検は任せています
私の車を旦那の方がきっと把握していると思います。
でも、旦那に頼ってないで、今度から私も車検について行って、自分でいつでも車検にいけるような状態にしないといけないなと思っています。


年取った猫との暮らし

子どもたちが家を出て独立し、家にいるのは、夫婦と猫だけになりました。私たちも、若くはないですが、猫は、もうすぐ20歳、人間にすれば90歳以上で、腎臓と甲状腺が悪くて、週に1度、動物病院に通っています。
腎臓の薬と甲状腺の薬、胃腸の薬を、朝夕に飲ませるのも、手間がかかるのですが、今月からは、家で輸液をすることになりました。腎臓が、ほとんど機能していないので、リンゲル液を皮下に注射します。猫は、人間と違って、腎臓の透析はしなくてよいのですけれど、輸液は毎日のことなので、嫌がって逃げようとして、じっとさせておくのが大変です。

フードも、療養食なのですが、すぐ飽きて食べなくなり、3種類を交互にやっています。合間には、様々な猫缶やおやつも食べさせます。獣医さんには、食が細いから、なんでも食べたがる物をやればいいと言われています。
何をやっても、ほんの一口か二口しか食べないのに、朝は、5時か5時半には、お腹が空いたと鳴きます。さっき食べたものも、次にやったら食べないので、ローテーションで回しています。

子どもたちにお金がかからなくなったので、これから余裕ができると思っていたら、猫の病院代が家計を圧迫しています。ペット保険は、高齢になると入ることもできず、入っていても支給されないようです。
子猫だったときの可愛さと、家族を癒してくれた長い年月のことを思えば、費用がかかっても、なんとか、最後まで苦しまないで、命を全うさせたいと思っています。


お風呂は風情のある木製で

日本人はお風呂好きで温泉好き、銭湯好きです。但しどれくらいの温度を好まれるのかちょっとわかりません。私は個人的にはぬるいのが良いのですが。元々銭湯は昔、大勢の人がお風呂屋さんに出かけて綺麗になって帰って来ました。

今は殆どが個室でユニットバス式でもそれ以外でも自分の住んでいる家で、お風呂に入って綺麗に身体を洗います。と言う事は銭湯に行くのは特別な意味があるんだろうと思います。皆でわいわいとお馴染みの場所で裸の付き合いと言うものでしょうか色々話をするのかもしれません。

社交場として位置づけられる事もあるんです。1年に2回ほど子供達を連れて銭湯に行きますが、子供達はお風呂上りの飲み物を必ず飲んでいます。それに自宅では味わえない広さで露天風呂形式だったりしますので子供達と一緒に身体を伸ばしてゆっくりします。

風呂と言っても商業施設のような感じのするところは、ゆっくり入っていると言うより遊び感覚で入れますから面白いです。今後の銭湯はどうなるかですが、入浴料金の値段が高くても当たり前ですが残る所は残るでしょう。

私などは熱いのが苦手で殆ど湯船につかりません。その代り2度洗いするので、もとは取れるのかなと思ってしまいます。リンスインシャンプーとボディソープは備え置きの物を使うので自分専用のものを持って行きません。それで2回洗うので綺麗になった気分になります。

私の近くのスーパー銭湯はボタンを押してお湯が出てきて時間が来ると自然と湯が出なくなりますので、もう1度、又もう1度とボタンを押す事になります。従がってもう少しお湯が沢山出てくれれば有難いと思っています。

あまり利用しませんが自宅の風呂だけではモノ足りず、実質的には管理が難しいので無理だと思いますが木の風情のある銭湯があれば、行って見たいと思ってしまいます。そう言う木の匂いのするお風呂は入っていて、何となく落ち着いて日本人だなあと思ってしまう訳です。

全てが木製である必要はないので、湯船だけでも木であれば又捕らえ方が違って良いと思います。値段は少々高くてもレトロな異文化とさえ思えてしまうかもしれません。

https://www.kumano-no-sato.com/sanda/yu_wa.html

mark_onsen


絵画の種類と歴史、代表的な作品について

絵画といえば、イタリアやフランスが有名です。しかし、日本国内にも絵画が好きな人たちはいます。また、絵画に興味があるけど、どう見たら分からないという人も多いでしょう。

絵画というと、元々宗教画からスタートしたものとも言えますが、今では風景画やリアリズムもありますし、享楽性の強いものなど、宗教色の強いものだけではありません。しかし、日本人にとって絵画というと、美大生や専門家でもなければ、一般的には美しいものや筆致の優れたものが評価されやすいです。例えば、ドラクロワ、ルーベンス、ルノワール、ゴッホ、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、モネ、マネなどの作品です。どれも鑑賞していて、思わず息を呑むほど、素晴らしい作品です。ダ・ヴィンチの「モナ・リザの微笑み」は大変有名ですが、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」のように、見ていて心から癒される絵画など、さまざまな作品が存在します。また、様式も一様ではなく、ゴシック、バロック、ロココなど色々とあります。

絵画の歴史は長く、フランスにあるラスコーの壁画や、スペインにあるアルタミラの壁画が引き合いに出されることも多いです。といっても、全てについて知ろうとすると、かなり骨が折れます。そこでおすすめなのが、13~15世紀のゴシック、17~18世紀のバロック、18世紀のロココから始めることです。特にこれらの時代には、彫刻や建築でもそうですが、大変優れた絵画が多数存在するからです。また、絵画史の流れを掴む上で、これら3つの様式を理解することが、非常に重要だからです。例えば、ゴシックではジオットの「ユダの接吻」、バロックではフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、ロココではフラゴナールの「ぶらんこ」などがあります。

絵画を単に絵だと思っていると、どれも似て見えるかもしれません。しかし、知れば知るほど非常に奥が深いものであることが分かります。まずは、有名な作品から見てみるというのもいいでしょう。或いは、前述したようにゴシックやバロックなどから絵画の理解を深めていくというのもおすすめの方法です。
bijutsu_kansyo


レンタル絵画を初めて知りました

中学が同窓の友達が飲食店を開業したとのお知らせが、とても良いセンスのハガキで届いたので、オープンから少し経った時期に、一人で遊びに行きました。

もともとデザインの会社に長年勤めていた友人だけあり、内装もセンスが良く、白ワインと、メニューの中でも彼女の一押しだというオムレットを頂きながら、彼女が好きなトルコキキョウの花束を手渡して、開店おめでとうを伝えました。

ボリュームが抑えられたボサノバが、心地よく流れているお店の中に、感じの良い版画が幾枚か掛けられていたので、「版画もお店の雰囲気にとっても合ってるよ。センスがさすがだね」と伝えると、「レンタルなんだよ」と、彼女が笑顔で言いました。

何でも気に入った版画などの作品を選び、季節ごとに変えて壁面を飾ることが可能なのだそうです。

インターネット上でもレンタル絵画を展開しているショップもあるのですが、彼女は数か月前まで勤めていた会社の近所で店舗を運営しているショップに出向いて、自分のお店の雰囲気に合う作品をと、100作品に近い数を見せてもらいながら選んだそうです。

お店の人が感じが良く、千枚でも見せてくれそうな人だったという言葉に、笑ってしまいました。

私は、喫茶店などで観葉植物のリース契約があるということは聞いて、知識にありましたが、レンタル絵画という言葉も、存在も知らなかったので驚きました。
でも、私などがよく行くお値段も気楽な飲食店のお店に掛かったポスターが、もう何年も変わらずに、色がすっかり褪せて、水彩画で描かれたらしき花が、ほとんど見えづらくなっている様子が記憶に思わず蘇り、なるほど、レンタル絵画は、良いサービスだと思いました。

そういえば以前に、絵画を自宅に飾る習慣の長いヨーロッパの図書館では、絵画をレンタルしてくれるサービスがあると聞いたことがあります。

彼女によると、価格も1作品2000円ほどからで何の手入れもせずに返却が可能とのことで、高い作品を選ぶと、1枚が数万円とのことでした。

「食べ物と季節はとても関係が深いでしょう。うちはできるだけ地のものを素材に使うことを目指しているから、お店の中にはできるだけ、その季節季節の作品を飾りたいんだ」と、彼女が言う言葉を、私は頷きながら聞きました。

レンタル絵画、我が家でもしてみたいけれど、飾る壁面が、ちょっと思いつかないのでした。

季節ごとの絵画に囲まれて、一生懸命に料理を作る彼女のお店が、どうか繁盛し続けますように。
レンタルやリースの絵画などについては下記のサイトで詳しく説明されています。

https://matome.naver.jp/odai/2143670008440136701


20年以上ずっと続けてきた音楽活動と今後の活動

私は昔から音楽が好きで、幼稚園~中学生まではピアノを習っていました。
習い始めた時は母に勧められてとか兄がやっていたからじゃあ私も、という軽い動機で始め、習っていた時もそこまで真面目にやっておらずなんとなくで続けていました。
それでもやっぱり音楽は好きで、小学校の音楽の授業は張り切っていましたし、小学校の音楽発表会でピアノパートがあると毎年オーディションを受けていました。

中学校では、こちらも兄がやっていた事もあり吹奏楽部に入りました。
兄の事が大好きだったので、兄が担当していたクラリネットを自分もやりたい…と思いましたが、第3希望で出していた打楽器パート担当になりました。
本当に兄がやっていたからという理由だけで入ったので、吹奏楽がどんなものかほとんどわからなかったのですが、打楽器をやっていく内に打楽器演奏と吹奏楽が大好きになり、「自分が打楽器を、吹奏楽をやりたいから」という理由に変わって行きました。
それをやっていく内に、高校・大学は吹奏楽の強い学校に入りたいと強く思いました。

中学よりも演奏の上手い高校の吹奏楽部に入り、楽器は変わってしまったのですが3年間無事に続けることができました。
やはり上手い強い高校で中学と派全然クオリティも違うし、いろんな出身校の人や技量の違う人が集まり学ぶことも多かったです。
また、言葉遣いやマナー等もしっかり教育する吹奏楽部だったのですが、この点は今社会に出てとても役に立っています。

色々思う事があり、悩みましたが大学では吹奏楽部に入らないことになりました。
ですが、そこから合唱部に入り、新しい音楽生活が始まりました。
歌は元々大好きで、もっと上手くなりたいと思っていたのですが、優しい先輩に丁寧に教えて頂いたおかげで成長する事ができました。
自大学以外の合唱部との交流もたくさんあり、大学卒業後も縁が巡り巡って大阪の合唱団に所属しています。
そしていつの間にか吹奏楽歴よりも合唱歴の方が長くなりました。

他にも大学生以降は、個人の趣味で作曲や編曲もするようになり、動画サイトで投稿やイベント等でCDを出すようにもなりました。高校の頃から短い曲は何曲か作ったり、頭の中だけで作ってみたり、というのはあったのですが、本格的に作って誰かに聴かせるということはほとんど初めての事でした。
それなのに私の手がけたものを聴いてくれた人から感想をもらえ気にって頂ける事も時々あり、それは本当に幸せな瞬間です。
その一つ一つがとても嬉しい物になり、生きる自信になるくらい大変嬉しいです。

これからも自分にしか作れない音楽をたくさん作って、たくさんの人にたくさん聴いて頂きたいな、もし出来るなら、お仕事等で作曲も出来たらいいな、なんて思っています。
いつか私のつくったものでたくさんの人を元気づけることが出来たらいいなと思っています。

それを目指して、まだまだ音楽活動楽しんでいきます。
piano_upright


木製パレットの特徴について

パレットを使用する理由は、フォークリフトやハンドリフトで物を運べる様にし、物流の効率を上げる為です。
一人が一つしか持てない荷物でも、フォークリフトやハンドリフトを使用する事により、一人で数倍?数十倍の物を運ぶ事が可能になります。
物流に欠かせない存在、それがパレットです。

そんなパレットにも種類がいくつかあります。
今回は木製パレットの特徴について説明します。

まず一番の利点は、木製の板を複数枚使いそれを組み合わせて出来ている為、部分的な修復が可能という点です。
もしも木製パレットの一部が壊れてしまっても、壊れた部分の板さえ張り替えればまた使う事が可能です。
サイズや厚みの違う物が豊富に売っており、更に特注で制作している会社も多数あります。
他の材質のパレットよりも安価で用意が出来るのも大きな魅力です。

ただ、木製パレットにも欠点があります。
木製の為、湿気に弱いです。
湿度が高い所等で使用していると、変形したりひどい時には腐敗してしまう事があります。
他の材質のパレットに比べ特に壊れやすい訳ではありませんが、釘で板を張り合わせているので釘が浮いてくると強度が下がってしまいます。
その為、定期的にメンテナンスが必要になります。

最近では、木製のパレットからプラスチックのパレットに主流が変わりつつあります。
ただ、コスト等の問題もあり、完全に移行する迄にはまだまだ時間がかかります。
パレットは材質によってさまざまな特徴がありますので、その時のニーズに合わせた物を使うのが一番大切です。
関西では下記の会社が中古パレットを専門に扱っています。

有限会社ヨコシン


スポンサーリンク