2018年09月 一覧

スポンサーリンク

ホッカイロを使った健康方法?やってみました

最近、いえずっと前から風邪をひきやすい私。
はるか昔にどこぞの個人病院で「白血球が少ないですね」と言われた経験がありました。
そういえば…つい4年ほど前、産婦人科でNK細胞が少ないと言われました。
そういえば…要するに私は免疫力が少ない人になるわけです。
が、幸せな事に今まで大病というものには罹らずに過ごせています。

ですが、風邪をひくととんでもなくひどいんです。
あっ、やばいなぁと思った時には喉が痛くなり、悪あがき宜しくはちみつ大根やしょうが湯などの民間療法を試しながら症状を悪化させ(効く人には効くと思います)、鼻水が止まらなくなり高熱が出てやっと病院に行くわけですが、この間わずか2日です。
ひき始めると一気にひどくなるんですよ、私の風邪。

症状がないと最近では薬をだしてくれないんですよね、私が行ってる病院は。
1回ひどくならないうちに行ってその時の症状に効く薬しか出してもらえず、薬を飲みながら症状を悪化させるという日々。
地獄のような時間でした。
それからです、ある程度までひどくなるのを待って病院に行くようになったのは。

同じような方きっといらっしゃいますよね。
そんな私がまた風邪をひきました。
しかも、大みそかに…。
まじか?自分の事だけどこう思いましたね。

救急にたかが風邪で行くのは気がひけるし、市販の薬は体質的に合わないんです。
飲んだら逆に高熱出ちゃいます。
また民間療法に頼るしかないか…結果。
頼りませんでした!

ただホッカイロを背中とお腹に貼って寝たんです。
そしたら次の朝、あら不思議!いがいがしていた喉が治ってるじゃありませんか。
不思議です。
本当に治ってたんです。
ぶり返してもないです。

免疫細胞の60%が腸内にいるといいますし、ホッカイロで温める事で免疫細胞を活性化させたのではないか?と個人的に思ったわけです。
あれから4カ月、やばいなぁと思ったらこの方法で乗り切っています。
ホッカイロ様様。
風邪をひきやすい私には本当に快挙です。
同じような方、この健康方法?試してみる価値はあるかも???


引っ越した先でレトロな銭湯を見つけて行ってみました


最近仕事の関係で実家からアパートに引っ越しました
引越しは何度か経験があるのですが、新しい町に来たら必ずやることの一つに「その町のローカルな銭湯を探して通う」というものがあり、私の中で恒例となっています。
というのも、私は古いレトロな銭湯が大好きなのです。
鏡に書かれた古い布団屋さんの広告や、昔のマッサージ機、古い木のロッカー等、見ているとわくわくしてくるのです。

今回も早速インターネットで調べてみました。
すると徒歩10分圏内で一件ヒット。
しかし、近年銭湯はだんだん減ってきていて、ネットには書かれていても今は閉店しているなんてことも少なくありません。
電話をかけるのも迷惑かなと思い、夜9時ぐらいに家を出てドキドキしながらgoogleマップを使いつつ行ってみました。
すると、道の先に「ゆ」と書かれたノレンを発見!
よかった!と安堵し中に入ってみると、番台には気の良さそうなおばあさんがいて「いらっしゃい。400円です~」とニコニコしながら言いました。

中に入ると、まるで千と千尋の世界のような木のロッカーがずらっと並び、古いマッサージ器やよくテレビで見る帽子のような形のレトロなドライヤーも!番台の上には大きな古い時計があり、時間びったりになるたびにポーンポーンと鳴っています。
まさしく私の理想通りのレトロな銭湯空間で、感激しながら服を脱いで入ろうとした時、あ!と私は気付きました。

タオル類は持って来たのですが、シャンプーや石鹸を忘れてしまったのです。
どうしようと思っていると、その気配に気付いてくれたのか、「あら~もしかしてシャンプーとか持ってない?」と、おばあさんが番台から声を掛けてくれたのです。
すみません、忘れちゃって…としょんぼりして言うと、「ちょっと待っててね」と言い残し、番台を出てどこかの部屋に入っていくおばあさん。
なんとシャンプー、石鹸、トリートメントまで一式揃えて持ってきてくれたのです。
私はもう感激して、何度もおばあさんにお礼をいい、気持ちよくお風呂に浸かりました。
その後はフルーツ牛乳を飲み(これも私の中で恒例なのです)ホクホクした気分で帰路につきました。
以来暇さえあればその銭湯に通い続けています。


スポンサーリンク