弟の結婚式に家族で出席しました。

弟の結婚式が行われ、家族みんなで出席してきました。
結構前から予定していたのですが、あっという間にその日はきました。
直前で子どもが体調を崩し、バタバタとしたので余落ち着いて準備ができなかったのですが、無事に結婚式当日を迎えることができましたよ。

前日、もう一人の弟が泊まりにきて、祝儀袋を買ってきてくれたので、一緒に名前を書いたりして準備をしました。
忘れ物がないようにと、何度も服などの持ち物を確認しました。
当日は、余裕を持って出発し、少し早めに式場に到着しましたよ。
私は着物を着たので、着付けとヘアセットを頼んでいました。
母と一緒に着付けとヘアセットをしてもらいました。
普段着物を着ることがないので、新鮮でした。

そして、子どもたちもドレスを着せて、髪型もセットしました。
子どもたちは、リングガールを頼まれていたので、私は楽しみ半分、心配半分でした。
まだ小さい子どもたちなので、無事にリングガールと言う大役をこなせるか、不安でしたが、私が着付けをしてもらっている間にリハーサルをしたそうで、なんだか頼もしかったです。

参列者が揃い、チャペルに入り挙式が始まりました。
挙式の進行表を見ながら、指輪の交換は最後の方だなと思っていましたが、あっという間に出番がやってきました。
スタッフの方に呼ばれて、子どもたちを一緒に後ろの方に行き、スタッフの方がリングピローを子どもたちに持たせました。
上の子は割としっかりしているので、安心でしたが、下の子が2歳のイヤイヤ期真っ只中で人見知りもするのでどうかなと思いつつ、子どもたちを見ていたら、不安な感じは全然なくて、楽しんでいる感じがしたので、いけるかなと思い、私は後ろから見ていました。

そして、いざ出番。
弟たちが待つところまで、バージンロードを2人でリングピローを持って弟に届けました。
後ろからは見えませんでしたが、主人が録ってくれたビデオにしっかりとおさまっていました。
下の子はまっすぐ弟の方を向いて、上の子はニコニコしながら、下の子や弟の方を見て歩いていました。

よたよた変な歩き方をしていたのですが、無事に弟の所へ届けることができてよかったです。ホッとしました。
子どもたち、堂々としていて、心配ご無用と言う感じでした。
自分で言うのもなんですが、かわいかったです。
上手に出来たねとたくさん褒めました。
挙式が終わり、外でブーケトスや少し歓談の時間がありました。

その後、披露宴会場へ移り、おいしい料理を頂きながら、披露宴を楽しみました。
親族は一番後ろなので、遠くから見守る感じでしたが、弟たちとても幸せそうでした。
お友達や職場の仲間がたくさん祝福してくれていました。
余興やスピーチもよかったです。
子どもたちは大役を終え(と言っても本人たちはケロッとしていましたが)おいしそうなお子様ランチをほおばっていました。
とてもおいしそうでしたよ。
夢中で食べる姿はやっぱり子供だなぁと思いました。

お色直しもあったり、生い立ち映像や2人の馴れ初め映像などがあり、楽しませてもらいましたよ。
持って行った一眼レフのカメラとスマホのカメラ、両方調子が悪くてなかなかいい写真が撮れなかったのが心残りです。
デザートビュッフェもあり、いろんなデザートをもらってきました。
子どもたちにはパフェが出てきました。
目がキラキラと輝いているように見えましたよ。

とっても素敵な結婚式になってよかったです。
ずっとリングガールのことが気になっていましたが、無事に終えることができ、肩の荷がおりました。
本当によかったです。

子どもたちもとても楽しかったようで、翌日起きて「また結婚式に行きたい!」と言っていました。
次はもう一人の弟の番かな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。