玄米食べるならミルキークイーン

病気の子供を抱えていて、この子は運動では自分の体を作っていけないから、食べ物でしっかり体をつくらないと と思って始めたのが玄米を食べることでした。
最初は普通の地元のお米を5分付に精米して、食べていたのですが、おいしくないと、たまに白米で食べたりしているうちに、白米の方が主流になっていったりと、なかなかうまくいきませんでした。そこで、ネットで調べたりしていて、ミルキークイーンが冷めてももちもちしておいしく、玄米でもぼそぼそしないという評判を見つけて、食べ始めました。かれこれ7年くらい前のことです。最初に食べたときは、玄米でも白米のようなもちもち感があって、驚愕という言葉がぴったりなくらいおいしかったです。

玄米の香りを楽しみたい時は、さらに精米の精度を粗くして炊いたりしています。ミルキークイーンじゃないと、2分つきの玄米は食べられないなぁと思ってしまいます。
最初は福島のミルキークイーンを食べていました。震災があった後、お気に入りのお米ショップがなくなってしまい、別のショップで買っています。
風評被害とかいやなので、今でも時々福島のミルキークイーンを購入します。線量計を持っているので測りますが、全然大丈夫でした。最近は滋賀のミルキークイーンがおいしいので、そちらを買っています。子供たちは、基本白米が大好きなのですが、ミルキークイーンのおにぎりならお弁当はオッケーという感じです。
私の実母も、もちもちした触感のお米が好きなので、いつも分けて食べています。

弟が来た時に食べてもらったら、風味はいいね。でも俺はちょっとパラパラしたお米が好きだから~と言っていたので、好みは分かれるかもしれません。
炊飯器でも圧力鍋でも基本、お水は普通のお米より少なくしないと、べちゃっとなってしまいます。
圧力鍋でミルキークイーンの白米を炊くと、もち米なみのモチモチ感です。たまに、ミルキークイーンともち米をブレンドして圧力鍋で炊いて、きりたんぽ鍋にしたりして、美味しくいただきます。ミルキークイーン!本当にお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。