旦那任せの車検

日本では、車検は数年に1度で、車が古くなるたびにその間隔が狭まってくるのかなと勝手に思っていますが、アメリカでは違います。

アメリカは車社会だというのは皆さんご存じのとおりです。
私もアメリカで車生活をしている1人なのですが、この車検の早さに驚きます。
というのも、車社会と言う事で、車なしには生活できない国がアメリカです。
ということは、車を使う頻度も高ければ、車の走行距離も、日本の比ではないほどの距離を毎日走っているのです。

例えば、私の旦那は、家から40マイル以上離れた場所に会社がありますから、毎日往復80マイル、キロに直すと、ざっと100キロは軽く超えます。
普段からそんなに1日に車を使っているという人は、日本ではトラック運転手さんとか、運転する事を職業にしている人だけではないでしょうか。
でも、アメリカでは普通のことなのです。
だからこそ、本当に車検の回数が多いというのが、日本とアメリカの車検の大きな違いでしょう。

私の旦那はそんな感じの走行距離ですから、数ヶ月に1度車検を行っています。
1度に数万円近く取られるので、イタイなと思いつつ、それで何か事故があっても困るので、決められた時期、決められた走行距離を走った時点で必ず車検には出しています。
日本とまた違う所が、車検をしてもその日以内に車を戻してくれます。
大体2時間見ていれば終わります。
代車文化はないですし、車がなければ暮らしていけないのがディーラーショップの方たちも分かっているからでしょうが、これは便利です。

そして私の車は、旦那に比べれば走行距離は少ないので、大体半年に1度行うペースですが、ハッキリ言って車の事は日本語で言われてもよく分からないので、全部旦那に車検は任せています
私の車を旦那の方がきっと把握していると思います。
でも、旦那に頼ってないで、今度から私も車検について行って、自分でいつでも車検にいけるような状態にしないといけないなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。