絵画の種類と歴史、代表的な作品について

絵画といえば、イタリアやフランスが有名です。しかし、日本国内にも絵画が好きな人たちはいます。また、絵画に興味があるけど、どう見たら分からないという人も多いでしょう。

絵画というと、元々宗教画からスタートしたものとも言えますが、今では風景画やリアリズムもありますし、享楽性の強いものなど、宗教色の強いものだけではありません。しかし、日本人にとって絵画というと、美大生や専門家でもなければ、一般的には美しいものや筆致の優れたものが評価されやすいです。例えば、ドラクロワ、ルーベンス、ルノワール、ゴッホ、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、モネ、マネなどの作品です。どれも鑑賞していて、思わず息を呑むほど、素晴らしい作品です。ダ・ヴィンチの「モナ・リザの微笑み」は大変有名ですが、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」のように、見ていて心から癒される絵画など、さまざまな作品が存在します。また、様式も一様ではなく、ゴシック、バロック、ロココなど色々とあります。

絵画の歴史は長く、フランスにあるラスコーの壁画や、スペインにあるアルタミラの壁画が引き合いに出されることも多いです。といっても、全てについて知ろうとすると、かなり骨が折れます。そこでおすすめなのが、13~15世紀のゴシック、17~18世紀のバロック、18世紀のロココから始めることです。特にこれらの時代には、彫刻や建築でもそうですが、大変優れた絵画が多数存在するからです。また、絵画史の流れを掴む上で、これら3つの様式を理解することが、非常に重要だからです。例えば、ゴシックではジオットの「ユダの接吻」、バロックではフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、ロココではフラゴナールの「ぶらんこ」などがあります。

絵画を単に絵だと思っていると、どれも似て見えるかもしれません。しかし、知れば知るほど非常に奥が深いものであることが分かります。まずは、有名な作品から見てみるというのもいいでしょう。或いは、前述したようにゴシックやバロックなどから絵画の理解を深めていくというのもおすすめの方法です。
bijutsu_kansyo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。