レンタル絵画を初めて知りました

中学が同窓の友達が飲食店を開業したとのお知らせが、とても良いセンスのハガキで届いたので、オープンから少し経った時期に、一人で遊びに行きました。

もともとデザインの会社に長年勤めていた友人だけあり、内装もセンスが良く、白ワインと、メニューの中でも彼女の一押しだというオムレットを頂きながら、彼女が好きなトルコキキョウの花束を手渡して、開店おめでとうを伝えました。

ボリュームが抑えられたボサノバが、心地よく流れているお店の中に、感じの良い版画が幾枚か掛けられていたので、「版画もお店の雰囲気にとっても合ってるよ。センスがさすがだね」と伝えると、「レンタルなんだよ」と、彼女が笑顔で言いました。

何でも気に入った版画などの作品を選び、季節ごとに変えて壁面を飾ることが可能なのだそうです。

インターネット上でもレンタル絵画を展開しているショップもあるのですが、彼女は数か月前まで勤めていた会社の近所で店舗を運営しているショップに出向いて、自分のお店の雰囲気に合う作品をと、100作品に近い数を見せてもらいながら選んだそうです。

お店の人が感じが良く、千枚でも見せてくれそうな人だったという言葉に、笑ってしまいました。

私は、喫茶店などで観葉植物のリース契約があるということは聞いて、知識にありましたが、レンタル絵画という言葉も、存在も知らなかったので驚きました。
でも、私などがよく行くお値段も気楽な飲食店のお店に掛かったポスターが、もう何年も変わらずに、色がすっかり褪せて、水彩画で描かれたらしき花が、ほとんど見えづらくなっている様子が記憶に思わず蘇り、なるほど、レンタル絵画は、良いサービスだと思いました。

そういえば以前に、絵画を自宅に飾る習慣の長いヨーロッパの図書館では、絵画をレンタルしてくれるサービスがあると聞いたことがあります。

彼女によると、価格も1作品2000円ほどからで何の手入れもせずに返却が可能とのことで、高い作品を選ぶと、1枚が数万円とのことでした。

「食べ物と季節はとても関係が深いでしょう。うちはできるだけ地のものを素材に使うことを目指しているから、お店の中にはできるだけ、その季節季節の作品を飾りたいんだ」と、彼女が言う言葉を、私は頷きながら聞きました。

レンタル絵画、我が家でもしてみたいけれど、飾る壁面が、ちょっと思いつかないのでした。

季節ごとの絵画に囲まれて、一生懸命に料理を作る彼女のお店が、どうか繁盛し続けますように。
レンタルやリースの絵画などについては下記のサイトで詳しく説明されています。

https://matome.naver.jp/odai/2143670008440136701

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。