憧れの車アバルトを購入

私は、今年車の代替えをしました。 昔から車が好きで免許を取得する前から、欲しい 乗りたい車が何台も有りました。
今でも乗りたい車は、多々あります。 私は、車好きが高じて現在の仕事は、整備士をしています。 今までは国産のディーラーに勤めていた為自社の取り扱い車両を購入していました。勤め先から車を購入すると皆さんは、安く買えると思われるが実際は、一般のお客様が購入するのとあまり変わりません。

今迄は、車通勤の事を考えてたいして欲しくもない国産車を購入していました。 本当は、輸入車のディーラーに勤めたかったがバブルが弾けた影響で求人がほとんど無かった為に国産車のディーラーに勤めました。しかし去年の7月に国産車のディーラーを退職して社長が先輩の会社に転職しました。前の会社が余りにも酷く半分車が嫌いになっていたが転職した会社の人達が コルベット アウディ とか昔私が好きだった車に乗っていた為か又就職した所が良かった為か昔の様に車が好きになると同時に昔から欲しかった車を所有したいと強く思うようになりました。私は、イタリアの車が好きで ルパン三世のカリオストロの城に出てくるフィアット500がとても好きだったがこのチンクをフィアットのレース部門のアバルトがチューンした車がある事を当時知りました。しかしその後アバルト部門は、解体されてしまい その後のチンクも余りカッコいいとは、言えなくなっていましたが、現行モデルのフィアット500が発売されて僕が好きだった頃のチンクのカッコに似て可愛いらしくチョット間抜けなデザインで発売されました。

発売当初欲しいと思いました。その後アバルト部門が復活して フィアット500をベースに アバルト500が発売されその後アバルト595が発売されますます欲しくなりました。595の上の695は、価格的にも買えないのは、わかっていましたが595なら私にも買えると思っていました。去年転職を機会に念願だったアバルト595コンペテツォーネを購入しました。運転し易い車でなく乗りたいならドライバーが車に合わせろと言わんばかりの所が如何にもイタリア車ぽく私は、大変満足しています。車の大きさは、軽自動車より少し大きい程度で1トン少々の車重と1400ccという排気量で180馬力でブレーキは、ブレンボ製 最高時速は、カタログ上で230キロ位 で全く持って無駄な車に思われるが乗ってみると凄く面白い車です。多少乗りにくい所もあるけれど エンシンのパワー感 車の加速感 など申し分ないです又排気量が小さい為税金も安く燃費も思ったよりもよく大変満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。