2016年12月 一覧

スポンサーリンク

購入するならマンションよりも一戸建て!

マイホームという夢は、誰もが持っていると思います。マイホームと言っても、マンションを購入する人もいれば、一戸建てを購入する人もいると思います。ここで私は一戸建てをおすすめしたいと思います。

その理由はまず、自分の思い通りの家になるということです。マンションであれば、ある程度の間取りは決まってしまいますし、二階建ても作れませんし、部屋の様相もある程度決まっています。一方で、一戸建てであれば、壁の色から悩むことができますし、間取り、照明についても一から自分で考えることができるのです。ものづくりはできなくても、マイホームというものづくりは、自分がしっかりと関わることができるのです。自分が考えた家に住むことで、よりいっそう家に愛着がわくと思いますし、理想の家を手に入れることができるのは大きいと思います。
またほかにも、一戸建てであれば庭が持てるというのは大きいです。庭のない一戸建ての人もいますが、庭があれば子供を遊ばせることもできますし、花や木を楽しむこともできます。また野菜や果物を育てることもできるのです。今はいらないとしても、老後は庭が憩いとなる可能性もあるのです。
またマンションと違う部分として、住民同士の面倒な集まりがないのもよいです。つながりを大切にするのも大事ですが、面倒な会議などはない方がよいです。また、なにか災害やトラブルが生じた時に、すぐに逃げられるのも一戸建てです。上の階や下の階の物音にも気をつけなくていいというのも一戸建てのメリットだと思います。

もちろん、マンションであれば、万が一仕事で転勤になってしまったり、実家に戻らなくてはならなくなってしまった際に、売りやすいというメリットもあります。また管理がある程度楽だというメリットもあります。一戸建てもマンションも、どちらもメリットやデメリットがありますが、自分の理想とする生活はどちらかをしっかり考えて、人生の大きな買い物をするべきです。


憧れの車アバルトを購入

私は、今年車の代替えをしました。 昔から車が好きで免許を取得する前から、欲しい 乗りたい車が何台も有りました。
今でも乗りたい車は、多々あります。 私は、車好きが高じて現在の仕事は、整備士をしています。 今までは国産のディーラーに勤めていた為自社の取り扱い車両を購入していました。勤め先から車を購入すると皆さんは、安く買えると思われるが実際は、一般のお客様が購入するのとあまり変わりません。

今迄は、車通勤の事を考えてたいして欲しくもない国産車を購入していました。 本当は、輸入車のディーラーに勤めたかったがバブルが弾けた影響で求人がほとんど無かった為に国産車のディーラーに勤めました。しかし去年の7月に国産車のディーラーを退職して社長が先輩の会社に転職しました。前の会社が余りにも酷く半分車が嫌いになっていたが転職した会社の人達が コルベット アウディ とか昔私が好きだった車に乗っていた為か又就職した所が良かった為か昔の様に車が好きになると同時に昔から欲しかった車を所有したいと強く思うようになりました。私は、イタリアの車が好きで ルパン三世のカリオストロの城に出てくるフィアット500がとても好きだったがこのチンクをフィアットのレース部門のアバルトがチューンした車がある事を当時知りました。しかしその後アバルト部門は、解体されてしまい その後のチンクも余りカッコいいとは、言えなくなっていましたが、現行モデルのフィアット500が発売されて僕が好きだった頃のチンクのカッコに似て可愛いらしくチョット間抜けなデザインで発売されました。

発売当初欲しいと思いました。その後アバルト部門が復活して フィアット500をベースに アバルト500が発売されその後アバルト595が発売されますます欲しくなりました。595の上の695は、価格的にも買えないのは、わかっていましたが595なら私にも買えると思っていました。去年転職を機会に念願だったアバルト595コンペテツォーネを購入しました。運転し易い車でなく乗りたいならドライバーが車に合わせろと言わんばかりの所が如何にもイタリア車ぽく私は、大変満足しています。車の大きさは、軽自動車より少し大きい程度で1トン少々の車重と1400ccという排気量で180馬力でブレーキは、ブレンボ製 最高時速は、カタログ上で230キロ位 で全く持って無駄な車に思われるが乗ってみると凄く面白い車です。多少乗りにくい所もあるけれど エンシンのパワー感 車の加速感 など申し分ないです又排気量が小さい為税金も安く燃費も思ったよりもよく大変満足しています。


カーフィルムを最大限に生かすコツ

カーフィルムって単純に言うとスモークガラスなんですが、今ではカーフィルムというのが一般的になりました。そのカーフィルムに関してですが、カーフィルムに関しては様々な種類がありますし、また取り付け方についても特徴があったりするものがあります。また用途によって使い分けが必要になりますので選ぶ際には様々なことを考慮に入れて購入するのが必要です。

カーフィルは用途によって使い分けが必要といいましたが、紫外線対策などに必要なときもありますし、また透過率で規制される時もありますので、カーフィルムは透過率の事も考えることって必要ですね。透過率に関してですが、車検に通るようにするには透過率が70パーセントなければいけないのでそのように対策することが必要です。透過率とは車に手をかざした際にその手が見えるかどうかや実際に運転中に物が視覚的に確認できるかどうかなので、物の見え方が70パーセント以上あるかどうかを確認する車検の項目で通るか通らないかが決まります。フロントガラスや助手席、運転席側のウインドウなど車検でチェックする項目が決まっているので、これも最初に要確認です。

カーフィルムって個人で自動車アクセサリ店で購入して自分でそれを貼ろうとすると空気が入って汚くなったりしますので、その際にはカーフィルム専門店のプロフェッショナルにカーフィルムの設置をお願いしたほうがいいですね。カーフィルムをアクセサリ店で購入してのちに取り付け専門店にもっていけば安価で取り付けてくれますし、カーフィルムを購入した場所で取り付けてもらうとオプショナルプライスでただだったりすることもありますのでお得に考えて選ぶと得をします。
大阪府にもカーフィルム専門店は多数ありますね

カーフィルムには紫外線防止や、その他対向車からのハイビームから目を保護するなどの目的もありますので用途に寄って選ぶことは重要ですね。
その他値段によってもカーフィルムの特性が変わってきますので、いいものを購入することが長持ちの秘訣になったりしますね。
car_sports


お金をかけない方法を考えたいこと

20161206g
最近は家事をするときに気になるのでネイルをすることをやめていました。
ネイルをしていないとカラーリングがはげてしまったり、ネイルアートが崩れてしまったりする心配がないので最初はラクかなと思っていたのです。

でも最近になって爪のダメージがひどくなってきてしまったことに気が付きました。
爪が薄くなっているというか、割けて服に引っかかったりすることが多くなったのです。

カラーリングをしている間はそのこと自体が爪の保護をしてくれる役目もあったのでしょう、こういうことはありませんでした。
もちろん自分で塗るよりもネイルサロンでお手入れしてもらっていたことが爪へのダメージもなく恩恵だけ受けられたということもあると思います。

またカラーリングすれば爪の保護はしてくれるでしょう。でも私は不器用なこともあって、料理をしたり洗い物をしたりするときにはカラーリングをしているとどうしても気になってしまうわけです。
だからお金をかけてサロンに通うのももったいないかな、と思ったりもします。

ただ爪が割れたりしているとやっぱり気になりますし、見た目も悪いです。
よく見ると心なしかトラブルがあるときには爪の色自体も悪いし・質も薄くて弱いという状態です。

カラーリングせずに爪を丈夫にするには、ということでいろいろと調べた結果、やっぱり「オイル」を使うという結末に行きつきました。
爪も結局は肌と同じですから、「乾燥」するとトラブルが起こってくるわけです。
なので肌のお手入れと同じように美容オイルなんかを使って手入れすることでトラブルが防止できるというわけです。

爪の手入れをするためのオイルにもサロン専用のものから化粧品専門店で購入できるものがたくさんあります。
そういうものもいいのですが、やっぱり主婦としてはコスパも気になります。
ネットで調べて私が自分なりに見つけた結果、一番手に入りやすく・価格も安くてしかも肌なじみのいいのはオリーブオイルということになりました。

次はオリーブオイルを使いながらの上手な爪のお手入れを見つけたいと思います。


スポンサーリンク