紬のはまって着物の魅力を知る

アンティークの着物を取り扱うお店のオーナーと知り合いになり、着物にはまりました。
最初に購入した着物が琉球紬だったせいもあり、地味だけどおしゃれな紬の魅力に夢中になってしまったのです。
紬というのは江戸時代に贅沢禁止令が出され、高価な絹の着物を着ることが出来なくなった時に、絹なんだけど木綿に見えるように織られた反物です。
世界一緻密な織物と称されるそうです。

普段着の着物として着用されますが、最近ではおしゃれ着としても進化しています。
紬は結婚式や入学式などの式事にはNGですが、同窓会や結婚式の二次会、観劇、ショッピングなど正式な場所以外はどこでもOKなんです。
当初、そんなことも知らずに購入してしまったものだから、結婚式には着られないと聞いてがっかりしました。
どんなに高価でも正式な場には着られないなんで悲しいです。しかし、それが着物のルールなんですよね。

さて、紬でもっとも有名なのは結城紬ではないでしょうか。
奈良時代から続く絹織物で、茨城・栃木県が主な生産地です。
国の重要無形文化財にも指定されていおり、永遠のあこがれの紬です。
次に奄美大島で作られる大島紬です。日本の古典的な幾何学模様をはじめ、伝統的な模様が多く制作されています。
結城と大島は高価でとても手の届かないというイメージが強いですね。だからあこがれてしまうんです。
他にも紬は全国で作られています。米沢や塩沢、上田なども有名です。

紬というのは色合いが地味なので、帯で個性を出すのがおしゃれな着こなしなのです。
着物というのは洋服では絶対に着ることがないような色合いや柄のものも組み合わせでおしゃれになるものです。
年齢に気にしないで楽しめるのも着物の魅力なんです。
また、帯揚げや帯締め、半襟などの小物の色も重要になってきます。
着物の小物は日本古来の色合いのものが多いです。
日本古来の色というのは歌舞伎などで見られるように本当に綺麗な色が多いですよね。
着物を着るようになると色にも興味を持ち、色合わせがうまくなるような気がします。

江戸小紋などつるつるした生地の着物から比べると着付けやすく、着物の初心者には練習しやすいのもうれしいです。
着物というとどうしても特別感が出てしまいますが、紬であればどこへ着ていっても、そんなにかしこまった雰囲気もありません。
さりげなく、着物を着こなせる大人の女性になりたいなあと思います。
それには、一人で着付けできるようにならないといけないですが(汗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。