毎年悩ましい、父の日のプレゼント

毎年悩ましい、父の日。
プレゼントを何にするか・・・一ヶ月ほど前から、いろいろ考えるのですが、なかなかコレ!というものが思い浮かびません。
実父と義父、二人分考えなければならないのですが、「今年もなにかプレゼントしたいのだけど」と訊いてみたところで、「気を遣わないで。何もいらないから」が毎年の返答。まあ、そう言うでしょうね・・・。最近は、もう、何も聞かずに当日宅配便で贈っています。
父の日。本来、父親に日頃の感謝の気持ちを伝える日だと思うのですが、私にとっては・・・おそらく多くの女性にとっては、プレゼントに悩まされる日、になるのではないでしょうか。

実父も義父も、わりと多趣味なので、趣味に関するものを贈ればいいと思うのですが、これはこれで難しい。
実父は絵画が趣味。子供の頃は、スケッチブックをプレゼントしたり、社会人になって収入ができてからは額縁をプレゼントしたりしていましたが、好みもあるだろうし、喜んでもらえていたのかどうか・・・。
義父はカラオケとグランドゴルフが趣味。でもそれらに関係するどんなものがプレゼントとしてふさわしいのか、思いつきません。

父の日以外にも、それぞれお誕生日にもプレゼントはしています。
実父には孫からの手紙と絵、それから、私の嫁ぎ先の地元の銘菓。
義父には、去年は靴下。その前の年はお風呂グッズ。それに孫たちからのメッセージ。
二人ともお金に困っているわけではないから、物よりも、「孫たちからシリーズ」が喜ばれるのはわかっているのですが・・・。
父の日は孫ではなく、私と主人からのプレゼントとなるので、毎年簡単なメッセージは添えるものの、似顔絵を描いてプレゼントというわけにはいきません。
義父にまた物をプレゼントしたら、次に巡ってくるお誕生日がネタ切れになりそうで、ためらいます。靴下だってお風呂グッズだって、大したものではないのに、それでもかなり悩んでひねり出したプレゼントですから。

結局、毎年父の日は、食べ物になることが多いです。でも食べ物もまた難しいんですよね。確実に喜んでもらえて、間違いなく美味しく食べられるもの。
これまで、メロンを贈ったり。干物セットを贈ったり。ブランド豚のお肉セットを贈ったり。さぬきうどんを贈ったり。父の日というか、まるでちょっと早いお中元?と思うような内容が多かったかもしれません。お礼の電話は来るけれど、本当に喜んでくれているのかどうか・・・。贈りたい、喜んでもらいたい、という気持ちは本物なのですが、なかなか難しいものです。

さて、今年ですが・・・両方の父ともに、うなぎを贈ることにしました。実は去年も贈って、これは本当に好評だったようなので。本人からだけではなく、母からも喜びの声が届いたので、間違いないと思います。うなぎは何年か前から、値段が跳ね上がってしまって、なかなか気軽に買えるものではなくなってしまいました。好物だけど、自分ではそうそう買わないもの・・・。我ながら、良い贈り物ができたかなと思っています。というわけで、とりあえず今年もうなぎで。
さて、三年目も同じ、というのはアリでしょうか?
来年はまた悩みそうです。
white_day_present

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。