建設機械をレンタルする「メリット」と「デメリット」とは

地震国日本といわれるほど地震が多い我が国は、地震や台風、大雨などの災害が多くあります。そのような震災がある度に悲しみにくれます。また、その土地の人が復興へと導くために年月や莫大な費用が必要となります。
建設機械は復興するために働く機械と言っても過言ではありません。子どものときから知っているようなブルドーザーやショベルなど、黄色い働く車のイメージがあります。現在では明るいブルーやオレンジなど、緑の中でも目立つ色になっています。

建設機械は、とても高額になるために全てが買い取りという形ではなく、レンタルという方法があります。そのレンタルをすることで、どのようなメリットやデメリットをするのでしょうか?

まずメリットとしては、自社で建機を持つことで必要なときにいつでも利用ができます。工事は天候などに左右されますし予定通りにはいかないことも多いとされています。自社で所持している建機であれば心配はない訳です。工事などが近い場所である訳ではなく、北海道の会社が沖縄の仕事をするなど輸送費などもかかわってきます。自社で建機を持つ方が良いのか、レンタルをする方が特なのよく吟味する必要がありそうです。そして所持ができることは、会社のイメージアップにつながります。

では、デメリットとしては、どうでしょうか?レンタルをすることは、建機を保有していないことにより会社の規模が問われることになります。新車に限らず中古を購入するにしても多額の資金が必要ですし、保管する場所やメンテナンス管理が必衰です。

建機を置く場所がない場合は、現場までの輸送費なども頭に入れておかなければいけません。建機は種類にもよりますが、しっかりとメンテナンスさえすれば長く利用することも可能だと言われています。メーカーが指示する使い方やメンテナンスをしていると何十年も利用ができるのです。建機を所持したり扱う企業は、メリットとデメリットをしっかりと理解してレンタル建設機械を検討しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。