事故車アクアの修理経験

数年前、事故車オークションを主催する会社から仕事をもらった時の事です。
事故車にもニ-ズがあるとの事でお受けしてできる範囲で修理しました。
※自営業で中古車屋をしています。
フロント廻りに大事故歴があったんですが、構成部品を外していってびっくり。。。
よくある事ではあるんですが左右の寸法が全く合っていない。
よくよくみてみるとフロントのキャスタ-角も狂っていました。
当然、まっすぐ走りません、、、
また、フロントワイパ-を動かすと何か引っかかりがありました。
周辺パ-ツを外してみました、
ワイパ-モ-タ-を固定しているフレ-ムが事故の影響で歪んで、ワイパ-が正しい位置で取り付けられていませんでした。
その影響か、フロントガラス取り付け位置もずれていました。
※雨漏りがする為、最終的にフロンントガラスを取り外してガラスフレ-ム付近を板金修理しました。

今度フロントの足廻りを点検しました。
取り付けられているはずの場所とフロントサスペンションメンバ-の位置が全く合っておらず、本来3本あるはずのメインボルトが1本のみで仮止めされています。
事故の大きさが分かりますね。
このままでは修理ができないのでまずはフレ-ム修正しました。
左右のストラットタワ-からインサイドパネルの左右対称の目印までの距離を測定し、左右対称になるように寸法を修正しました。
そこまでできてやっとフロントサスペンションメンバ-の交換です。
修正はしたものの、完全には歪んだボディ-は直らないので組み付けにかなり苦労しました。その次にやっとロアア-ムやサスペンションを元に戻して行きます。
しかし、やはり歪んでいるのでかなり苦労しました。。。

そこまで出来て試運転。
完璧とは言えませんが、安全に走行できる範囲までは修理する事ができました。
キャスタ-角が完璧には修理不可能な程狂っていましたので、若干の引きずり抵抗が残っていましたが…
そして…

ここまできてやっと板金塗装です。
ここまでの大事故車なので、当然外観はボロボロです。
ほぼ全塗装でした。
ボディ-の各部にクリアランスができてしまいましたが、もはや仕方ありませんね、、、

こうやって事故車の修理が完成し、無事納品する事ができました。
ですが、事故をするとこれだけ不具合が起きます。
事故に気を付け、安全運転に心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。