2016年08月 一覧

スポンサーリンク

事故車アクアの修理経験

数年前、事故車オークションを主催する会社から仕事をもらった時の事です。
事故車にもニ-ズがあるとの事でお受けしてできる範囲で修理しました。
※自営業で中古車屋をしています。
フロント廻りに大事故歴があったんですが、構成部品を外していってびっくり。。。
よくある事ではあるんですが左右の寸法が全く合っていない。
よくよくみてみるとフロントのキャスタ-角も狂っていました。
当然、まっすぐ走りません、、、
また、フロントワイパ-を動かすと何か引っかかりがありました。
周辺パ-ツを外してみました、
ワイパ-モ-タ-を固定しているフレ-ムが事故の影響で歪んで、ワイパ-が正しい位置で取り付けられていませんでした。
その影響か、フロントガラス取り付け位置もずれていました。
※雨漏りがする為、最終的にフロンントガラスを取り外してガラスフレ-ム付近を板金修理しました。

今度フロントの足廻りを点検しました。
取り付けられているはずの場所とフロントサスペンションメンバ-の位置が全く合っておらず、本来3本あるはずのメインボルトが1本のみで仮止めされています。
事故の大きさが分かりますね。
このままでは修理ができないのでまずはフレ-ム修正しました。
左右のストラットタワ-からインサイドパネルの左右対称の目印までの距離を測定し、左右対称になるように寸法を修正しました。
そこまでできてやっとフロントサスペンションメンバ-の交換です。
修正はしたものの、完全には歪んだボディ-は直らないので組み付けにかなり苦労しました。その次にやっとロアア-ムやサスペンションを元に戻して行きます。
しかし、やはり歪んでいるのでかなり苦労しました。。。

そこまで出来て試運転。
完璧とは言えませんが、安全に走行できる範囲までは修理する事ができました。
キャスタ-角が完璧には修理不可能な程狂っていましたので、若干の引きずり抵抗が残っていましたが…
そして…

ここまできてやっと板金塗装です。
ここまでの大事故車なので、当然外観はボロボロです。
ほぼ全塗装でした。
ボディ-の各部にクリアランスができてしまいましたが、もはや仕方ありませんね、、、

こうやって事故車の修理が完成し、無事納品する事ができました。
ですが、事故をするとこれだけ不具合が起きます。
事故に気を付け、安全運転に心がけましょう!


夏休みの自由研究の制作を親子で頑張っています

我が家の小学一年生の娘は、只今夏休み期間中です。
小学生になって初めての夏休みを満喫中の娘ですが、長い夏休みもそろそろ残りわずかです。そこで気になってくるのが宿題の進行具合です。
娘は夏休み前半に私が口を酸っぱくして言ったので、計算ドリルや国語の書き取り等は済ませましたが、コツコツやらなくてはいけない音読や、図工の絵と自由研究は困った事にほとんど手付かずのままなのです。

先日もこのままでは始業式に間に合わないし、お母さんは宿題のお手伝いをしないよとちょっと脅し気味に言いましたが、娘の方はまだ大丈夫と言って、全く危機感を持ってくれませんでした。
娘の夏休みの宿題で一番時間がかかり、一筋縄ではいかないのが自由研究です。
一年生は約10日間ほどかけてじっくりと取り組めるような課題を自由研究として選び、完成したものを始業式に持ってくると言う事になっています。
夏休み前に自由研究についての計画表を提出したのですが、学校側からお父さんやお母さんと一緒にテーマを決めて下さいと言う事で、娘と相談した結果、ドールハウスを制作すると言う事にしました。

ドールハウスは猫好きな娘らしくテーマを猫カフェにする事に決定し、猫は紙粘土で制作して絵具やニスを使って仕上げる事にしました。
夏休み前の保護者会での話では、自由研究は一年生と言う事もあり大人の人の手助けが必要となる事もありますのでご協力お願いしますとの事でした。
やっぱり保護者の頑張りが影響してくるのかと思いながら、ややプレッシャーを感じています。

先日は娘と一緒に百均のセリアに行き、自由研究の材料に使えそうなものを探しに行きました。
まずはドールハウスに使用する箱をどうするか迷いました。
家にある段ボール箱や空き箱を利用しても良かったのですが、ちょっとチープな感じになってしまいそうでしたし、せっかく制作するなら飾って置ける様にしたいなと思ったので、娘と相談した結果長方形の木箱を二つ重ねて作る事にしました。
セリアの木材インテリアのコーナーに丁度良い大きさのものがあったので二つ選び、ハウスの内側に貼る可愛い布を娘が選びました。

そして肝心の猫人形を作る紙粘土とニスを購入して、猫カフェのお庭に飾るフェイクグリーンを選びました。
材料が揃ってくると何となくイメージがわいてきて、娘も断然ヤル気になってきました。
昨日はどんな猫を作るか娘と相談し、我が家の猫を観察したり猫雑誌を見ながら猫のイラストを描いてみました。
三毛猫や黒猫、我が家の猫の様にモフモフの長毛猫等、娘が作りたい猫のアイデアは尽きません。

そして本日、やっと猫の人形制作に取り掛かりました。
粘土をこねて猫の形を作っていくのですが、形や大きさが揃わずなかなか上手くいきません。その内紙粘土も乾いて固くなってしまうので焦りだし二人で四苦八苦しました。
大きさと形が良くて娘が気に入った猫をよくかわかして、翌日に絵具で色を塗りニスでコーティングする予定です。

紙粘土が乾くまでの間、猫カフェの内装やインテリアに手を付ける事にしました。
カフェの壁紙はセリアで購入した花柄の布をはり、娘がビーズやスパンコールをボンドで貼って可愛く仕上げました。
猫の遊び場であるキャットタワーやおもちゃは紙粘土で形を作り、猫ベッドやクッションは木材の切れ端と布や綿を使い、出来るだけ本物っぽくなる様に作りました。

娘は小さい頃から猫が大好きと言う事もありとても楽しんで作っているので、自由研究の課題を猫カフェにして良かったなと思っています。
完成まで後3~4日はかかりそうですが、親子で楽しみながらコツコツと制作していけたら良いなと思っています。
夏休み終了まであと少しですが、自由研究が夏休みの良い思い出になる様に私もお手伝いしていきたいと思います。
224251s


スポンサーリンク