七十二候

あまり知られていませんが、1年を72の季節にわける表現があり、それを「七十二候」と言います。
二十四節季のほうが有名ですね。立春・秋分・大寒などがそれにあたります。
その二十四節をさらに3つの期にわけたのが「七十二候」なのです。
私はお習字が大好きです。
子供のころしっかり習い、大人になってからさらに通信教育でお免状の書き方を習い、今は手紙の代筆をするお仕事もしています。
普段から書に触れていたくて毎日なにかしら書いており、「七十二候」の始まる日は必ずその期の表現を書いています。
ちなみに1年の始まりである元旦は「雪下出麦」です。
ゆきわたりてむぎのびる、と読みます。
このように、その時期の草木の様子を表現するものが多いです。
季節を感じられるので書いていてワクワクします。
最初は自分で書いて、自分らしい表現を探し、うまく書ける時もあれば、まあまあかなあ、と感じる程度の時もありました。
ですがふとある時にSNSで写真をアップしたところ、いろんな友達から「お習字が好きだなんて知らなかった」「力強くていいね」なんて言ってもらえるようになって、人に見てもらえる喜びも感じられるようになりました。
それからは図書館にいってもついつい書道コーナーをのぞき、書家の表現する「七十二候」の本を見つけては借りられる2週間みっちり読んだり真似して書いたりするようになりました。
同じ言葉でも書家が変われば表現もガラッと変わります。
そのうち「絵手紙みたいにしようかな」という作品イメージもわいてきて、今は独学で水墨画を練習しています。
もともと学生の時にデッサンを習っていたのでバランスのコツはわかるのですが、ちょっとした迫力の出し方やはんなりした雰囲気などがまだまだです。
今は趣味といえるかもしれません。
子供のころに身につけた書道という技術と、大人になってから学んでいる水墨画が「七十二候」で上手に合体できるうようになるまでやり続けるつもりです。
kakizome_girl

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。