整骨院の開業などに再開発ビルのテナント入居は魅力

全国で駅前再開発は行われていますが、再開発によって生み出される効果は相乗的です。
見た目としては非常にわかりやすく、大幅に改善されます。
昭和時代の古びたごちゃっとした街並みが、綺麗に生まれ変わるのは言うまでもないことです。
駅前広場が整備され、広さによってはタクシープール、バスターミナルなども同時に整備されます。
路面にはレンガを敷き詰めることがあれば、おしゃれな街並みへと変貌を遂げます。
駅前再開発ではその地域にあった古い商店や住宅を壊しますが、その代わりに共同利用の再開発ビルが建設されます。
商業用ビル、住宅用ビル、または一体化した大型ビルが建設されることになります。
地域の商店などは下層階の商業エリアに入居して、商売を続けられることもあります。
元々この地域に住んでいた人が、真新しい再開発ビルに住むことができるというのも大きな魅力になります。
古くなった住宅の建て替えには個人でも大きな負担になりますが、再開発による共同ビルだと負担が少なくなることも、再開発がスムーズに進む理由になります。
そして商業エリアではテナント募集をかけられることがあります。
レストラン、衣料品店、医院、整骨院の開業などが期待されることになるのですが、それら売上は地域全体の収入として活用が期待できることにもなります。
医院、整骨院の開業や駅前移転を目指す人にとっても、真新しいオフィスで、しかも賃貸費用が安いということであれば、入居を検討したくなるのではと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。