バッテリー大丈夫?

旦那の姉、私の義姉は、もうかれこれ20年くらい同じ車に乗っているようです。
少なくとも、私が彼に出会った頃、8年前には既にお姉さんはその車に乗っていて、彼が高校時代にはその車を貸してもらっていたというのですから、ほぼ20年、しかも、買った時点ですでに中古の車でした。
車の中はおそらく最初はシートが革張りだったのでしょうか。
何だか猫の爪で引っ掻かれたように、シートがボロボロになっていて、正直あまり私は乗りたいと思わないのですが、たまに一緒に出かける時にはその車に乗ることがあります。
しかし、さすが古い車です。
エンジンがかかりにくいのです。バッテリーがないんじゃないか?と思ってしまうほど、エンジンの係が悪く、何度も何度もキーを差し込んでは回しての繰り返しです。
でも、バッテリーはまだあるようで、いつもその内にエンジンはかかりますが、そんな車に乗っていて怖くないのかなと思ってしまいます。
確かに車は高いですから、そう簡単に買い変えることはできませんが、もう20年です。
既に、スピードメーターの針も動きませんし、ガソリンメーターも常にエンプティーになっているのですが、フルにしてもエンプティーなので、それも壊れているのでしょう。
バッテリーがダメになるのも時間の問題だろうなと、私も思っているのですが、私の旦那も「あの車乗り続けるなんて危ないから新しいのを買えばいいのに」と、お姉さんのいない所で、彼のお母さんに言っています。
もちろん、お母さんもその意見に賛成です。
ですが、車の持ち主はお姉さんです。
彼女が車の買い替えに関しては決めなければいけません。
第三者としては、とにかくいきなりバッテリーが変な場所で落ちて、家に帰れないとか、そういうことがなければいいなと思っています。
何しろ、私自身、辺鄙な場所でカーバッテリーが落ちて、大変な思いをしたことがありますから、その時の大変さが分かるので、問題がなければなと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。