スポンサーリンク

コーヒーをやめてみて思ったこと

私は、昔から大のコーヒー好き。
子どもの頃、両親がおいしそうにコーヒーを飲んでいるのが羨ましくて、ある日私も飲んでみたい!とミルクたっぷりのコーヒーを作ってもらったことがありました。
とても甘くて、ほんのり苦みのある大人の味。

それ以来コーヒーが大好きになり、大人になってからは毎日必ず3杯ほどは飲んでいました。コーヒーを飲むということは、3食ごはんを食べるのと同じぐらい私には長年の毎日の習慣となっていて、それほど意識もしていませんでした。

しかし、30代に突入すると、あちこちに身体の不調を感じるようになりました。
特に冷えがひどくて、夏でも靴下がないと過ごせないほどになっていました。
お腹を触ってみたらひんやり冷たいことが多く、そのせいか、よくお腹を壊していました。
少しでも冷え性が改善されればと思い、ストレッチをしたり鍼に通ったりもしましたが、一向に良くなる気配はありませんでした。
自分なりに冷え性について色々調べていくうちに、カフェインには身体を冷やす作用があることを知りました。
そのとき、私の冷え性の原因は、正にこれだ!と思ったのです。

毎日、10年以上もコーヒーを飲んでいることで、知らず知らずのうちに自分の身体を冷やしていたのかもしれません。
それから、コーヒーをやめようと決心しました。
初めの数日は本当に辛くて、一杯ぐらいいいかな・・・と何度も思ってしまいましたが、それでも、体質改善のためだと固く心に誓って、代わりに豆乳や麦茶を飲んで気を紛らせていました。

友人に誘われてランチに行ったときも、食後の飲み物はコーヒー!と言いたいところを、オレンジジュースで我慢したり、気づけば飲まなくなって半年が経っていました。
そして、ふと気が付くと、前まで靴下を履かないと寒くて眠れなかったのがウソのように、履かなくても全く寒さを感じなくなっていたのです!
家の中では素足でも平気になり、お腹を壊すこともなくなりました。
こんなにちょっとしたことで自分の体質が変わることに、自分でも驚きでした。
毎日、何をするか、何を食べるか。
小さなことの積み重ねが、少しずつ人を変えていくことを実感できました。
cafe_siphon


美術館を訪れると、いつものんびりと鑑賞しちゃいます

静かな場所が好きで、美術館をよく訪れるのですが、私は人より、鑑賞ペースが遅いとよく言われます。
故に、誰かと行くより、一人で気ままに鑑賞する方がマイペースで回れるので好きです。

鑑賞ペースが遅くなる原因はなんとなくわかっています。
ガイドラインを聞きながら、じっくり作品を眺めて回っているからです。
ガイドラインで言われてることが自分なりに納得できなければ、その作品の前にいつまでも留まり、ガイドラインの説明と自分の思考が合致したら、安心してその場を離れます。
絵画を見る為にお金を払っているので、自分が心ゆくまで見たいのです。

たまに有名な絵画がきた時だけ、美術館を訪れる方もいます。
私も有名な絵画は見たいのですが、ゆっくり鑑賞したいので、人が空いた頃に行きます。
だいたい閉館の一時間前が穴場タイムなので、少し慌ただしくはなりますが、ゆっくり見たい絵画がある時は、遅めの時間から美術館を訪れるようにしています。

若手の画家さんの作品を見るのも好きです。
まだ有名になっていなくても、鬼才を持っている画家さんはたくさんいるのです。
発展途上の絵画は見てるだけでワクワクします。
ピカソ然とした絵画なら尚更です。

和風の絵画も好きです。
絵画の起源とも言えそうな水墨画の世界を覗いて、一気に魅せられました。
淡墨だけで描かれたモノトーンの絵画は、それだけで個性を感じさせてくれます。
墨だけでも水の量であんなにも深い絵画になるんですね。


現実には絶対無理だと思っていること

お気に入りのオンラインゲームで、夏になると恒例なのが「お化け屋敷探検」です。
お化け屋敷というといろんな「テーマ」がありますが、このゲームで怖いのは幽霊ではなくてゾンビです。
廃墟になった病院や学校を探検して隠された宝物などを探し当てるのですが、途中でゾンビに襲われることのないようにしないといけません。

お化け屋敷は興味がありますしみんなでワイワイ言いながら体験したり観たりするのは楽しいと思います。
一人でお化け屋敷に入るとかホラー映画を観るのは絶対に無理です。
たぶん途中で絶対に背後を確認したりするのに忙しくて何が起こっているのか全くわからなくなるに決まっているからです。

実際現実になると、例え大人数でいても誰かが「キャー」なんて悲鳴をあげたら当然私もパニックになります。
でもゲームは別です。
幸いこのゲームは実写タイプではなく、アニメーションなのでゾンビが出てきてもものすごく怖いということはありません。
だから遊んでいる間に自分の背後を確認するのに忙しくなるということもないのです。

機嫌よく遊んでいると、夫から「またそんな怖いもので遊んでいる。」と笑われてしまいました。
怖がりのクセに怖いものを見たくなるタイプの私は、夜中に目が覚めて「怖いこと」を思い出して眠れなくなることもあるのです。

時々、「ひとりでゾンビでいっぱいのビルに行って宝探しをするなんていうゲームをやっているんなら現実にそういうチャンスがあったら参加するか。」と聞かれます。
もちろんそんなことは絶対にできません。
例えものすごい財宝が隠されているとわかっていても、遠慮したいと思います。

そんな私に夫がひとこと、「まともにゾンビでいっぱいのビルに入っていこうって考えるからダメなんだよ。」と言います。
「明るい昼間にビルを解体するとかして、ゾンビをやっつければいいんだ。」というのです。アドバイスはありがたいですが、そんなことをしたらゲームの意味はありません。

やっぱりお化け屋敷探検はゲームの中だけがいいと思います。


ペットタクシーを初めて利用しました

私は30代前半の主婦です。我が家にはロングコートチワワの4歳の男の子の小太郎が一緒に暮らしているのですが、先日動物病院の送迎にペットタクシーを始めて利用しました。

小太郎の定期健診やワクチン接種には主人の運転で行くことが多いので、ペットタクシーの必要性を感じずに過ごしていたのですが、その日はちょっといつもと違っていました。主人は普段通勤に車を使うので、我が家に平日の日中車はありません。そんな平日の午前中、朝から小太郎の食欲がなく、様子がおかしいなぁと思っていたら、急に吐いてしまい苦しそうな様子。慌てて動物病院に連絡したところ、緊急を要する可能性もあるから、すぐに連れてくるようとのことでした。ところが我が家には車もありませんし、動物病院は10キロ程度離れているため、自転車で小太郎を運べる距離ではありません。そのためインターネットで以前から気になっていたペットタクシーに動物病院までの送迎を依頼することにしたのです。

ホームページに記載のあった連絡先に電話を入れると住所等を聞かれ、すぐに来てくれるとの言葉にホッとした私。30分も待たないうちに我が家の前にペットタクシーがやってきました。普段車の中でケージに入る習慣が小太郎にはないことを運転手さんに告げると、積んであったケージではなく私がリードを付けて抱っこしていればOKとのこと。体調が悪く、その上慣れない車に乗せられた小太郎にとっては親切な心遣いだったと思います。結局診察の結果大したことなく薬を数日分処方されただけで済みホッとした私。その診察の間もペットタクシーの運転手さんはちゃんと待っていてくれて、しっかり私と小太郎を家まで送り届けてくれました。

ここまで迅速かつ丁寧な対応をしてくれてペットタクシーの値段は約5千円と想像以上にリーズナブルに済みました。今後もこのような急な体調不良によって動物病院に行くことがあるかもしれません。その際にはまた同じペットタクシーを利用したいと思います。
169601s


近隣のゴールデンウイークの状況が心配

今、住んでいる市内は「一応、関東の観光地の端くれ」なので、長期の休日が続くと近隣の幹線道路が混みあいます。
しかも、観光スポットが点在していますので、あちこちで渋滞するはずです。
テレビでも地元の観光案内が放送されたりするのですが、観光客を呼ぶだけ呼んどいて交通整理するのがとっても下手なので、いつも同じところが混雑します。
今回も同様、ゴールデンウイークの直前ということもあって、地元の観光スポットがテレビでちらほら紹介されているのを見ました。
「あ~…またあの道、渋滞するなぁ」なんて。

ここに住み始めて、初めての長期の連休が今年のお正月でした。
主人は暮らし始めて10年以上経つので、周りの状況がわかっているので「あそこは混むから気をつけてな」と私に注意を促してから出勤してくれたのですが、その日、構わず…というか注意してくれたことを忘れて、向かってしまったのが失敗。
まさか、歩行者天国になっているとは知らずに迂回させられ、ぐるぐるぐるぐる…。
かなり遠回りしたり、行き止まりに入り込んでしまったり…。
あまり運転が得意ではないため、若干ですが、車酔い気味になりながら買い物を済ませ、家に帰ってきたころにはぐったりでした。

さて、今回は初のゴールデンウイークです。
しかも、親戚が子連れで泊まりに来ることになっているので、家に引きこもっていられるわけがないので、非常に頭が痛いです。
運転は実弟に任せるとしても、道案内は頼まれてしまうはず。
あまり道に慣れていない…というか方向音痴なので、ちょっと困っています。
そして、近隣は昔からある古い港町なので、道が細く一方通行が多かったりと私の頭を悩ませるポイントがいくつかあります。
主人が一緒に動いてくれればとは思いますが、ゴールデンウイークも仕事なので、わがままは言えません。。

今から頭が痛いですが、それもゴールデンウイークに観光地に来たと思って楽しんでもらえればと思います。
driving_red


きちんと理解すれば怖くない椎間板ヘルニア

日本人の2人に1人、3人に1人とも言われる腰部の不具合には様々なものがあります。ぎっくり腰(椎間関節炎、スプリングバック、腰部筋筋膜裂傷など)、慢性腰痛症など、その多くは腰部の痛みや違和感として現れる症状ですが、腰部に不具合が生じて臀部(お尻)から下肢にかけての激痛や痺れを伴う症状があります。皆さんもよく耳にされたことがあると思いますが「椎間板ヘルニア」という症状です。

多くの方は「椎間板ヘルニア治療=手術」と考えがちですが、実はある程度の日数は必要となりますが現在では自然治癒すると言われています。では実際に椎間板ヘルニアとはどのような症状なのかを考え、その原理や内容を良く知ることが適切な対処方法となりますので詳しくご説明して行きましょう。

本来椎間板ヘルニアは腰部だけでなく、脊椎においてはどの部分にも現れる可能性があります。例えば頚椎(首)ヘルニアでは肩から手指にかけて痛みや痺れが現れます。その他にも脳ヘルニアや内臓にもヘルニアは生じる可能性があります。ではこのヘルニアとは一体どのような意味なのか?
本来ヘルニアとは「飛び出す」という意味合いを持っています。

つまり何かが飛び出して身体のある部分に触れて刺激をすることで痛みや不具合を引き起こしていると言われています。具体的に腰椎椎間板ヘルニアを例にとって考えてみましょう。脊椎には首から数えて腰まで24個(骨形成などの問題で25個の方もまれにいます)の椎骨があります。聞きなれた言葉で言えば俗に言う背骨です。その椎骨の間にはよく軟骨として表現される椎間板というものが備わっており、人間が動く際の骨同士を支えるクッションのような役割をしています。この椎間板は上部から見ると木の年輪のような構造をしており、木の年輪に当たる部分を線維輪と呼びます。その線維輪の内部には髄核と呼ばれるものがあり、強い衝撃や外部からの外的要因などによって椎間板が押しつぶされ、線維輪を突き破って内部の髄核が後方へ突出してきます。人間の脊椎の中には後方に脊髄神経が走行しており、その脊髄神経から枝分かれした脊椎神経に髄核が触れることが刺激となり痛みや痺れが現れます。

よく椎間板ヘルニアの際に用いられる検査方法で、仰向けに寝て足を持ち上げます(ラセーグテスト、ラセーグ兆候)。その際の角度やその他の腱反射の消失があるかどうかを見極めますが、基本的に足を上げることで痛みが増悪します。これは、イメージとしては足を持ち上げる姿勢は、脊椎の前側(おなか側)が狭くなる姿勢となります。逆に背部が広がるような状態となります。おなか側が狭くなるということは、イメージ的には椎間板が後方へ押し出されてしまうというように考えて下さい。椎間板が後方へ押し出されてしまうとどうなるか?より一層神経を刺激して痛みが増します。このことから、まれに例外もありますが、基本的には本来、椎間板ヘルニアの方はお辞儀をする姿勢がとれなくなります。また、無理に前かがみの姿勢をとろうとすると症状は悪化してしまいます。その後方へ突出した髄核を切り取るのが手術となります。
現在では内視鏡による手術もあり、以前よりは身体にかかる負担も入院日数もかなり短くはなりましたが、一度手術をすれば再発しないというわけではありません。早ければ数ヶ月程度で再発する可能性もありますし、数年もつ方もおられます。ではどのように対処してゆけばよいのでしょうか?これには幾つかの段階を踏まえて考える必要があります。まずは痛みのひどくなる姿勢をとらずに数日間(3日?1週間程度)腰を固定して安静にします。特に湿布や冷却は必要ありません。次にお風呂などでよく温めること。その後、前かがみになる姿勢の反対(背中を少しずつ反らす)方向への体操やストレッチ。ある程度動けるようになったらば骨盤部をゴムチューブ(ストッキングを束ねたものやロープなどでも代用可能)などで骨盤部を締め、腰の旋回運動を行う。このように、初期段階の数日は安静にすることも必要ですが、どんな症状でもそうですが必要以上の安静は回復を妨げる可能性がありますので、基本的には日常生活の中で普通に動ける程度の動きを行うようにしましょう。

また、人間の身体は修復作業を体内で行っておりますが、その際に必要となるのが大量の血液循環です。その為むやみに冷やすのではなく、温めることでなるべく血行を促してゆくことを心がけて下さい。痛みで全く動けない方でも回復してゆきますが、そこまでやってみてどうしても良くならないのであれば手術はそれから考えても遅くないのではないでしょうか?


初めての妊娠は分からないことだらけでした

皆さんこんにちは(^^♪
今日は、私の初めての妊娠体験について、書いてみたいと思います。

普段通りに生活していた、ある日、なんだか体調がすぐれないことに気づきました。
ちょうど月経前だったので、よくある症状かしら、と思いつつ、結婚して一年目の私は、もちろんすぐに妊娠の可能性についても思い浮かべました。

実はその時、結婚式を前月に終えたばかりで、主人とは、「そろそろ子どものことも考えたいね」なんて話していたので、まさかこんなに早く、しかもタイミング良く!?と半信半疑でした。

けれども私の中では、なんだかいつもと同じような、なんだか違和感があるような、不思議な感覚がしていたのです。

女性の勘も働いたのかもしれません。
たとえば、私はお酒をよく飲む方で、いつも主人と二人で晩ごはんと一緒にビールを飲むのですが、その頃、ビールを前にしてもなんだか「飲みたい!」という気持ちがわいてこなかったのです。いつもなら、「おいしそう、早く飲みたい!」と思うところなのですが(笑)。

また、普段よりもイライラと、些細なことで腹を立てることが多かったようにも思います。
精神的に不安定な状態であることを自覚し、なるべく毎日を穏やかに過ごせるように気を付けました。

そうして、月経予定日を過ぎ、基礎体温の変化を見て、ようやく疑念が確信へと変わっていきました。
いつもは予定日ぴったりにくる月経がこないことと、毎日図っている基礎体温が、そろそろ低温期にさしかかるはずなのにずっと高温期を保っていることが決め手となり、妊娠検査薬を試してみると、やはり、陽性の結果となりました。

主人と私は大喜びしながらも、病院へ行くまではまだ安心できないと思い、すぐに産婦人科へ行きました。
ちなみに、産婦人科へ行くのも初めてのことで、少し緊張しました。
とても人気の産婦人科だったのですが、初診のため予約はすぐに入れてもらうことができ、いざ初受診へと向かいました。

結果、胎嚢を確認することができました!

お恥ずかしながら、「胎嚢」という言葉すらよく知らなかった私たち夫婦も、妊娠を機に、たくさんの情報を得ました。
胎嚢が確認できてから、心拍が確認できるまでの間、流産する確率はなんと3分の2もあるそうです。その確率の高さにとても驚きました。

赤ちゃんを授かることも、無事に出産して育てることも、奇跡のようなことなんだなぁと、改めて知りました。
今はとにかく、体を大事にして、しっかり栄養を取り、私たちの大切な赤ちゃんと出会える日まで、主人と二人で支え合いながら、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。
akachan_ninshin


広告宣伝の優等生としての看板

商売のためには広告宣伝にお金を使う必要があります。
経費を節減したいという気持ちはわかりますが、これをケチってしまっては商売自体が傾いてしまいます。
ただ湯水のように広告費を使うことには反対です。
やはり効果のある方法で使っていくべきだと思います。
例えば、店の前にデーンと飾る看板
あれは結構効果的です。

一度、設置してしまえばお金がかからないのも利点です。
他の広告宣伝費というのは、その都度お金がかかるものが多いので、それに比べると優秀な宣伝道具だと言えます。
どうせ看板を設置するのであれば、目立つものを作りたいと思うでしょう。
例えば、某有名紳士服チェーン店のような巨大なものも良いと思います。
ですが大きさだけでなく、文字のロゴ等々に特長を持たすのも一つの方法です。
ああいうロゴと言うのはじわじわと浸透していくので、即効性はありませんが、まるで漢方薬のような効果を発揮します。
またロゴはある意味、ブランドと言っても良いものです。
そのブランドを育てるような意識を持つと良いと思います。

いずれにしても、近代以前から活躍してきた看板は伝統だけでなく、実務的な意味での効果が期待できます。
だから、必ず設置するようにしたいものです。


インフルエンザが知らせてくれた春

毎年、この時期になると、我が家にやって来るのがインフルエンザ。
接客業の主人と、学生二人を抱えた我が家では、どのタイミングで誰が持って帰って来ても仕方ないと心得ているのですが。

インフルエンザは他の病気を併発する可能性もありますから、毎年、家族揃ってワクチン接種は欠かせません。それでも毎年誰かがかかっているので、「ワクチン代が勿体ない・・・」と思ってしまうのですが。とは言え、ワクチン効果なのか、比較的軽い症状で済んでいるのも確かなので、また今年も11月頃にはワクチン接種に行くつもりでいます。

今回は娘が第一号。今回は・・・と言いつつ、思い返してみれば大抵毎年、娘が第一号ですね。
自宅の電話が鳴った瞬間、嫌な予感がしたのですが、電話の相手は学校の先生でした。「熱が上がって来たので、お迎えに来てください。クラスでも数人お休みしているので、多分インフルエンザだと思います。」という事で、保健室へお迎えに行きました。

例年通りというのも悲しいですが、我が家にインフルエンザがやってきました。
「時、既に遅し?もしかしたらもう感染しているかも」と思いつつ、一応用心ということで、娘は子供部屋で隔離生活続行中です。一番接触しているのは私ですが、私が動けなくなってしまうと、家族が困ってしまうので、今年も「母強し!」で。インフルエンザに負けず、この時期を乗り越えようと思っています。

その娘を連れて小児科へ行った時の事。
検査でインフルエンザの陽性反応を見た後、会計に呼ばれるまで、窓際で順番を待っていました。窓の向こうには、まだ花も葉もない桜の木が。
娘は季節の変わり目に体調を崩しがちで、毎年、桜の花が散る頃には、お世話になっているのですが、この時期に病院に行くのは珍しいことです。
病院の駐車場の脇にあるその樹から、溢れるように舞い落ちてくる桜の花びらが、アスファルトにピンクの水玉模様を作る様子は、もう何度も見て来ました。なぜだかいつも雨の日で、「この雨で桜も、終わってしまうなぁ」とその木を見上げている記憶があります。しかし先日の桜は、枝の先が少し膨らんで、春の準備をしている姿を見せてくれました。

今年のインフルエンザは例年よりも遅めの流行という事で、今まで病院では見る事のなかった桜の木の姿を見る事になりました。旬な時期を終える姿しか見た事無かったのに、春の訪れを知らせてくれるなんて。
すぐそこまで春が来ているのだと、窓から見える景色に少し、ホッとさせてもらいました。
出来れば、今年は雨に降られる桜吹雪は見たくないかな。娘には季節の変わり目も元気に過ごして欲しいものです。

娘の経過は順調で、一安心していますが、今日は上の子の学校から、クラス閉鎖の知らせが入ってきました。順番だとは思いつつも、まだまだ気が抜けない日々が続きそうです。
昨年は、家族が完全復活した頃、私が熱を出す・・・という事になってしまったのですが。今年は、どうにか切り抜けたい!元気なまま、春を待ちたいと思います。
mask_woman


ブログもツイッターも良いけどホームページ制作も

ブログというのは運営する会社が幾つもあって、それぞれブログ制作のためのフォーマットの種類をいろいろ用意しています。ブログ制作では、ただ文章を書き込み、写真を挿入などするだけで良いということになりますので比較的かんたんです。
ブログにはホームページと同じようにリンク集と取り付けることができますし、ホームページに使うことのできるツールも、ブログでも同様に使うことが出来ます。

サポートが万全になっているブログほど使い勝手が良いことになります。ホームページ制作はちょっとむずかしいそうだし、煩わしいことはいやだと考えているなら、とりあえずブログを始めようということで良いと思います。
そしてブログのような長文ですら煩わしいというのならツイッターです。ツイッターは登録すればたった一言のつぶやきから始められますし、パソコンからでも携帯からでもつぶやくことができます。まさにめんどくさがりのための簡略日記ツールです。
そんなブログやツイッターでは物足りないというなら、やはりホームページ制作をしてみるべきです。専用ソフトは無料のものがありますし、ホームページにはホームページならではの使い方があります。

昔はホームページ制作にはhtmlタグ記入していかなければいけませんでしたが、いまは標準的なサイトを作成するなら、難しいことは全くありません。
作り方を覚えてしまえば、どんなデザインにすることも自由自在であるということです。絵を描くことができるならば、バナーを作ったりロゴを作ったりしてホームページを飾り付けることができます。表を用いて全体を区画することで、ブログにはできない複雑な見た目にすることもできます。
ブログは基本的に縦スクロールなのですが、ホームページだと横にも伸ばすことが出来ますし、特殊なタグによって複雑な機能を持たせることもできます。

なにしろ自由度の高さを求めるなら、ホームページのほうを選ぶべきですので、無料の制作ソフトから試して見たらと思います。


スポンサーリンク